日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager for Oracle を使用したバックアップ保護の確認

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager for Oracle を使用すると、プロファイルに関連付けられているバックアップのリストを表示し、バックアップが保護に対して有効になっているかどうかを確認し、保持クラス(この例では、毎日または毎週)を表示できます。

この例の新しいバックアップでは、保護のスケジュールが設定されているがまだ保護されていないことが最初に示されます( SnapManager のグラフィカルユーザインターフェイスおよび backup show コマンドの出力)。ストレージ管理者がセカンダリストレージにバックアップがコピーされたことを確認したあと、 SnapManager は、グラフィカルユーザインターフェイスと backup list コマンドの両方で、バックアップ保護状態を「 Not protected 」から「 Protected 」に変更します。

  1. SnapManager for Oracle クライアントにアクセスします。

  2. SnapManager リポジトリ・ツリーで、プロファイルを展開してバックアップを表示します。

  3. [* Backups/Clones ( * バックアップ / クローン) ] タブをクリックします。

  4. レポートペインで、 Backup Details を選択します。

  5. Protection 列を表示し、ステータスが Protected であることを確認します。