日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager for Oracle を使用してセカンダリストレージからバックアップをリストアする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

保護されたバックアップをセカンダリストレージからリストアしたり、データをプライマリストレージにコピーする方法を選択したりできます。

バックアップをリストアする前に、バックアップのプロパティを確認し、プライマリストレージシステムでバックアップが解放され、セカンダリストレージで保護されていることを確認してください。

  1. SnapManager for Oracle リポジトリ・ツリーで、リストアするバックアップを右クリックし、 * リストア * を選択します。

  2. [ リストアとリカバリウィザード ] の [ ようこそ ] ページで、 [ 次へ ] をクリックします。

  3. [ 構成情報の復元 ] ページで、 [ 完全なデータファイル / テーブルスペースの復元と制御ファイル * ] をクリックします。

  4. 必要に応じてデータベースのシャットダウンを許可する * をクリックし、 * 次へ * をクリックします。

    SnapManager は、必要に応じてデータベースの状態を変更します。たとえば、データベースがオフラインでオンラインにする必要がある場合、 SnapManager によってデータベースが強制的にオンラインに切り替えられます。

  5. Recovery Configuration Information ページで、 * All Logs* をクリックします。次に、 [ * 次へ * ] をクリックします。

    SnapManager は、データベースを最後のトランザクションまでリストアおよびリカバリし、必要なすべてのログを適用します。

  6. [Restore Source Location Configuration] ページで、保護されたバックアップソースの ID を選択し、 [Next] をクリックします。

  7. Volume Restore Configuration Information (ボリューム復元設定情報)ページで、 * Attempt volume restore (ボリューム復元の試行) * をクリックして、ボリューム復元を試みます。

  8. [ ファイルベースの復元へのフォールバック * ] をクリックします。

    これにより、ボリュームのリストア方式を完了できない場合でも、 SnapManager でファイルベースのリストア方式を使用できます。

  9. 高速リストアの資格チェックと、必須およびオーバーライド可能なチェックに関する情報を表示するには、 * Preview * をクリックします。

  10. [ 操作の実行 ] ページで、入力した情報を確認し、 [* リストア * ] をクリックします。

  11. プロセスの詳細を表示するには、 [* 操作の詳細 * ] をクリックします。