日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プリスクリプトとポストスクリプトを使用してバックアップ、リストア、クローニングの処理を実行する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

独自のスクリプトを使用して、バックアップ、リストア、またはクローニングの処理を開始できます。SnapManager では、バックアップ作成ウィザード、リストアウィザード、リカバリウィザード、またはクローン作成ウィザードのタスク有効化ページが表示されます。このページで、スクリプトを選択し、スクリプトに必要なパラメータの値を指定できます。

  • プラグインスクリプトを、正しい SnapManager のインストール場所にインストールします。

  • smo plugin check コマンドを使用して、プラグインが正しくインストールされていることを確認します。

  • bash シェルを使用していることを確認します。

コマンドラインインターフェイス( CLI )で、スクリプト名をリストし、パラメータを選択して値を設定します。

  1. bash シェルを使用していることを確認するには、コマンドプロンプトで bash コマンドを入力します

    または、プロンプトで bash コマンドを入力し、スクリプトの開始パラメータとしてコマンド出力を使用することもできます。

    bash シェルは、エラーが表示されなければ正常に動作しています。

  2. バックアップ処理の場合は、 -taskspec オプションを入力して、バックアップ処理の前後に前処理や後処理を実行するためのタスク仕様 XML ファイルの絶対パスを指定します。 smo backup create -profile profile_name { [-full { -online | -offline-auto } [-retain { -hourly | [-daily | -comment|-monthly | -unlimited } ] [-verify] | [-data [[-files[files] | [-tablespaces [--unlimited | -logabellabel] -online|-retain-abel] | -labe| -unlimited [-protect|-noproten|-protnow] [-backup-destpath1[ 、 [path2]] [-exclude-destpath1[ 、 path2]] [-prunelogs {-all | -untscNilscnilscn|--buntsc] -before {-destey-mm-dd : mm-dd : m|-dest-des-dump-dest-des|-dest-drump-dest-des|-dest-des|-dest-dese-y-coure オンラインバックアップを含む }] -destpath1}] -destpath1}--untese-destpath1}--untese-destpath1}--destpath1}--destpath1}--destpath1}--destpath|-destpath1}--dest

    バックアッププラグイン処理に失敗した場合は、プラグイン名と戻りコードのみが表示されます。プラグインスクリプトにログメッセージを含め、ユーザ定義のログファイルにメッセージをリダイレクトする必要があります。

  3. バックアップリストア処理の場合、 taskspec オプションを入力し、リストア処理の前後にプリプロセスまたはポストプロセス処理を実行するためのタスク仕様 XML ファイルの絶対パスを指定します。 smo backup restore-profileprofile_name { -label <label> | -id <id> } { -file <files> | -tablespaces <files> | -complete | -controlfiles } -logs.<restorespec | <files> -from-secondary [-temp-volume <temp_volume>] [-copy-idID]] [-taskspec<taskspec>] [-verify] [-force-verify] backup restore -fast [require|override| fallback|off] [-preview] -dump [-quiet|-verbose

    リストアプラグインの処理に失敗した場合は、プラグイン名と戻りコードのみが表示されます。プラグインスクリプトにログメッセージを含め、ユーザ定義のログファイルにメッセージをリダイレクトする必要があります。

  4. クローン作成処理の場合、 -taskspec オプションを使用してタスク仕様 XML ファイルの絶対パスを指定することで、前処理や後処理を実行してクローン処理の前後に処理を実行できます。 smo clone create -profile profile_name { -backup-labelbackup_name | -backup-id <backup-id> | -current } -newsidnew_sid -clonespecfull_path_to_clonespecfile [-reserve <yes 、 inherit>] [-host <host>] [-label <label>] [-comment <taskid] -spec<secondary-comment <taskid>

    クローンプラグイン処理に失敗した場合は、プラグイン名と戻りコードのみが表示されます。プラグインスクリプトにログメッセージを含め、ユーザ定義のログファイルにメッセージをリダイレクトする必要があります。

タスク仕様 XML ファイルを使用したバックアップの作成例

smo backup create -profile SALES1 -full -online -taskspec sales1_taskspec.xml -force -verify