日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Protection Manager を使用して、セカンダリバックアップ保護ポリシーを設定する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

バックアップスケジュールを設定したら、保護されたバックアップストレージポリシーをそのスケジュールに含めるようにストレージ管理者が設定します。

保護ポリシーを設定する前に ' ストレージ管理者は次の情報について DBA パートナーに相談します

  • セカンダリストレージの保持期間を指定します

  • 必要なセカンダリストレージ保護のタイプ

作成された保護ポリシーは 'DBA パートナーによって SnapManager for Oracle に表示され ' 保護するデータのデータベース・プロファイルに割り当てられます

  1. Protection Manager の NetApp Management Console に移動します。

  2. メニューバーから、 * Policies * > * Protection * > * Overview * をクリックします。

    Protection Policies (保護ポリシー)ウィンドウの Overview (概要)タブが表示されます。

  3. [Add Policy* ] をクリックして、 [Add Protection Policy] ウィザードを開始します。

  4. ウィザードで次の手順を実行します。

    1. わかりやすいポリシー名を指定します。

      この例では、「 TechCo Payroll Data: Backup 」と概要と入力し、「 * 次へ * 」をクリックします。

    2. ベースポリシーを選択します。

      この例では、「バックアップ * 」を選択し、「 * 次へ * 」をクリックします。

    3. [ プライマリデータ ] ノードのポリシープロパティ・シートで ' デフォルト設定を受け入れて [ 次へ ] をクリックします

      注記 この例では、 SnapManager で設定されたローカルバックアップスケジュールが適用されます。この方法で指定したローカルバックアップスケジュールはすべて無視されます。
    4. [ プライマリデータからバックアップへの接続 ] プロパティ・シートで ' バックアップ・スケジュールを選択します

      この例では、バックアップスケジュールとして * 毎週午前 1 時と午後 7 時の * 給与計算土曜日を選択し、 * 次へ * をクリックします。

      次の例では、選択したスケジュールに、前に設定した週単位と日単位の両方のスケジュールが含まれています。

    5. バックアップポリシーのプロパティシートで、バックアップノードの名前と、日次、週次、または月次バックアップの保持時間を指定します。

      この例では、日次バックアップ保持を 10 日、週次バックアップ保持を 52 週間に指定します。各プロパティシートを完成したら、 * 次へ * をクリックします。

    すべてのプロパティシートが完了すると、保護ポリシーの追加ウィザードに、作成する保護ポリシーの概要シートが表示されます。

  5. [ 完了 ] をクリックして変更を保存します。

Protection Manager に設定されている他のポリシーの中に '*TechCo Payroll Data: Backup * 保護ポリシーが表示されています

DBA パートナーは、 SnapManager for Oracle を使用して、保護対象のデータのデータベースプロファイルを作成する際にこのポリシーをリストし、割り当てられるようになりました。