日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault レプリケーションのためのストレージシステムの準備

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager の統合された SnapVault テクノロジを使用して Snapshot コピーをディスクにアーカイブするには、ソースボリュームとデスティネーションボリューム間のデータ保護関係を設定して初期化する必要があります。初期化の際に、 SnapVault はソースボリュームの Snapshot コピーを作成して、そのコピーおよびコピーが参照するすべてのデータブロックをデスティネーションボリュームに転送します。

  • ピア Storage Virtual Machine ( SVM )を含むピアクラスタにソースボリュームとデスティネーションボリュームを作成する必要があります。詳細については、『 clustered Data ONTAP クラスタピアリングエクスプレスガイド』を参照してください。

  • クラスタ管理者である必要があります。

SnapVault 関係は、 Data ONTAP コマンドラインインターフェイス( CLI )または OnCommand の System Manager を使用して作成できます。次の手順は、 CLI を使用することを前提としています。OnCommand System Manager を使用して SnapVault 関係を作成する方法については、『 clustered Data ONTAP SnapVault によるボリュームバックアップエクスプレスガイド』を参照してください。

次の図は、 SnapVault 関係を初期化するための手順を示しています。

この図は、 SnapVault 関係を初期化するための手順を示しています。デスティネーションクラスタを特定しています
  1. デスティネーションクラスタを特定します。

  2. デスティネーションクラスタで、 -type DP オプションを指定して volume create コマンドを実行し、ソースボリュームと同じサイズ以上の SnapVault デスティネーションボリュームを作成します。

    重要 デスティネーションボリュームの言語設定とソースボリュームの言語設定が一致している必要があります。

    次のコマンドでは、アグリゲート node01_aggr の SVM2 に、 dstvolB という名前の 2GB のデスティネーションボリュームを作成します。

    cluster2::> volume create -vserver SVM2 -volume dstvolB -aggregate node01_aggr -type DP
    -size 2GB
  3. デスティネーション SVM で、 snapmirror policy create コマンドを使用して、 SnapVault ポリシーを作成します。

    次のコマンドでは、 SVM 全体のポリシー SVM1-vault を作成します。

    SVM2::> snapmirror policy create -vserver SVM2 -policy SVM1-vault
    注記 SnapVault 関係用の cron スケジュールまたは Snapshot コピーポリシーを定義しないでください。これは、バックアップスケジュールの作成時に SnapManager によって自動的に定義されます。
  4. snapmirror policy add-rule コマンドを使用して、次の Snapshot コピーラベルと各ラベルの保持ポリシーを定義するルールをポリシーに追加します。

    • 毎日

    • 毎週

    • 毎月

    • 毎時

    • 無制限 * 重要: * ラベルでは大文字と小文字が区別されます。

      これらは SnapManager で使用される固定ラベルです。バックアップをアーカイブする際には、いずれかのオプションを選択します。追加するルールごとにこのコマンドを実行する必要があります。

      + 次のコマンドは、「毎日」ラベルを定義し、ラベルに一致する 30 個の Snapshot コピーをヴォールトに保持するように指定するルールを SVM1-vault ポリシーに追加します。

      [+]

    SVM2::> snapmirror policy add-rule -vserver SVM2 -policy SVM1-vault
    -snapmirror-label Daily -keep 30
  5. type XDP パラメータと -policy パラメータを指定して snapmirror create コマンドを実行し、 SnapVault 関係を作成してバックアップポリシーを割り当てます。

    XDP タイプは、関係を SnapVault 関係として定義します。

    次のコマンドでは、 SVM1 のソースボリューム srcvolA と SVM2 のデスティネーションボリューム dstvolB との SnapVault 関係を作成します。この例では、 SVM1-vault という名前のポリシーを割り当てています。

    SVM2::> snapmirror create -source-path SVM1:srcvolA -destination-path SVM2:dstvolB
    -type XDP -policy SVM1-vault
  6. snapmirror initialize コマンドを使用して、関係を初期化します。

    初期化プロセスでは、デスティネーションボリュームへのベースライン転送が実行されます。SnapMirror はソースボリュームの Snapshot コピーを作成して、そのコピーおよびコピーが参照するすべてのデータブロックをデスティネーションボリュームに転送します。

    次のコマンドでは、 SVM1 のソースボリューム srcvolA と SVM2 のデスティネーションボリューム dstvolB との関係を初期化します。

    SVM2::> snapmirror initialize -destination-path SVM2:dstvolB
    • 関連情報 *