日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットアップ仮想デスクトップサービスの概要

寄稿者 kevin-hoke sureshthoppay このページの PDF をダウンロード

ネットアップは、 WVD またはリモートアプリケーションによる仮想デスクトップの高速プロビジョニング、 Azure NetApp Files との迅速な統合など、多数のクラウドサービスを提供します。

従来、 IT 部門はリモートデスクトップサービスのプロビジョニングと顧客への提供に数週間かかっていました。プロビジョニングとは別に、アプリケーション、ユーザプロファイル、共有データ、グループポリシーオブジェクトを管理してポリシーを適用することは困難です。ファイアウォールルールは複雑さを増し、別のスキルセットとツールを必要とします。

Microsoft Azure Windows Virtual Desktop サービスを使用すると、リモートデスクトップサービスコンポーネントのメンテナンスを Microsoft が行い、お客様はクラウド内でのワークスペースのプロビジョニングに集中できます。お客様は、 VDI 環境を管理するために特別なスキルを必要とする完全なスタックをプロビジョニングして管理する必要があります。

NetApp VDS を使用すると、ブローカー、ゲートウェイ、エージェントなどのアーキテクチャコンポーネントのインストール場所を気にすることなく、仮想デスクトップを迅速に導入できます。環境を完全に管理する必要があるお客様は、プロフェッショナルサービスチームと協力して目標を達成できます。お客様は VDS をサービスとして利用するため、主なビジネス上の課題に注力できます。

ネットアップの VDS は、 AWS 、 Azure 、 GCP 、プライベートクラウド環境の複数の導入を一元管理するソフトウェアサービスです。Microsoft Windows Virtual Desktop は、 Microsoft Azure でのみ使用できます。NetApp VDS は、他の環境で Microsoft リモートデスクトップサービスのオーケストレーションを行います。

Microsoft では、 Windows 10 のマルチセッションを、 Azure 上の Windows Virtual Desktop 環境専用に提供しています。認証と ID は仮想デスクトップテクノロジによって処理されます。 WVD を使用するには、 Azure Active Directory と( AD Connect との間で)同期された Azure Active Directory と、 Active Directory に参加したセッション VM が必要です。RDS では、ユーザ ID と認証、および VM ドメインの参加と管理に Active Directory が必要

次の図に、導入トポロジの例を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

各展開は、 Active Directory ドメインに関連付けられ、ワークスペースおよびアプリケーションのアクセスエントリポイントをクライアントに提供します。複数の Active Directory ドメインを持つサービスプロバイダまたは企業は、通常、より多くの導入環境を持っています。複数のリージョンにまたがる単一の Active Directory ドメインには、通常、複数のサイトを含む単一の導入環境があります。

Azure の WVD の場合、 Microsoft は NetApp VDS で消費されるプラットフォームサービスを提供します。他の環境では、 NetApp VDS は Microsoft リモートデスクトップサービスの導入と構成をオーケストレーションします。NetApp VDS は、 WVD Classic と WVD ARM の両方をサポートし、既存のバージョンのアップグレードにも使用できます。

各導入環境には独自のプラットフォームサービスがあり、 Cloud Workspace Manager ( REST API エンドポイント)、 HTML 5 ゲートウェイ( VDS 管理ポータルから VM に接続)、 RDS ゲートウェイ(クライアントのアクセスポイント)、およびドメインコントローラで構成されます。次の図は、 RDS 実装用の VDS コントロールプレーンアーキテクチャを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

RDS 環境では、 Windows とブラウザから NetApp VDS にクライアントソフトウェアを使用して簡単にアクセスできます。クライアントソフトウェアを使用して、顧客のロゴとイメージを含めるようにカスタマイズできます。ユーザーの資格情報に基づいて、承認されたワークスペースとアプリケーションへのユーザーアクセスを提供します。ゲートウェイの詳細を設定する必要はありません。

次の図は、 NetApp VDS クライアントを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

Azure WVD の実装では、 Microsoft がクライアントのアクセスエントリポイントを処理し、さまざまな OS でネイティブに使用できる Microsoft WVD クライアントによって使用できます。Web ベースのポータルからもアクセスできます。クライアントソフトウェアの構成は、グループポリシーオブジェクト (GPO) または顧客が優先するその他の方法で処理する必要があります。

次の図は、 Azure WVD 実装用の VDS コントロールプレーンアーキテクチャを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

必要なコンポーネントの導入と構成に加えて、ネットアップ VDS はユーザ管理、アプリケーション管理、リソースの拡張、最適化も行います。

ネットアップの VDS では、ユーザを作成したり、既存のユーザアカウントにクラウドワークスペースやアプリケーションサービスへのアクセスを許可したりできます。ポータルは、パスワードのリセットや、一部のコンポーネントの管理の委譲にも使用できます。ヘルプデスク管理者またはレベル 3 の技術者は、トラブルシューティングのためのユーザーセッションをシャドウイングしたり、ポータル内からサーバーに接続したりすることができます。

ネットアップの VDS では、作成したイメージテンプレートを使用することも、クラウドベースのプロビジョニングの市場にある既存のテンプレートを使用することもできます。管理するイメージの数を減らすために、ベースイメージを使用できます。また、付属のフレームワークを使用して、必要な追加アプリケーションをプロビジョニングし、 chocolatey 、 MSIX アプリケーションアタッチ、 PowerShell などのコマンドラインツールを含めることができます。カスタムスクリプトでも、マシンライフサイクルイベントの一部として使用できます。