日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GPU に関する考慮事項

寄稿者 sureshthoppay

GPU は通常、反復演算を実行することでグラフィック表示(レンダリング)に使用されます。この反復的なコンピューティング機能は、多くの場合、 AI やディープラーニングのユースケースに使用されます。

グラフィックを多用するアプリケーションの場合、 Microsoft Azure では、 NVIDIA Tesla M60 カードをベースとした NV シリーズを提供しており、 VM ごとに 1 ~ 4 個の GPU を搭載しています。それぞれの NVIDIA Tesla M60 カードには、 Maxwell ベースの GPU が 2 つ搭載されており、それぞれ 8GB の GDDR5 メモリを搭載しているため、合計 16GB になります。

注記 NVIDIA ライセンスは NV シリーズに含まれています。

エラー:グラフィックイメージがありません

NetApp HCI を使用した H615C GPU には、 NVIDIA Tesla T4 カードが 3 枚搭載されています。各 NVIDIA Tesla T4 カードには、 16GB の GDDR6 メモリを搭載した Touring ベースの GPU が搭載されています。VMware vSphere 環境で使用する場合、仮想マシンは GPU を共有でき、各 VM は専用のフレームバッファメモリを使用します。NetApp HCI H615C 上の GPU では、光線トレースを含めたリアルな画像を作成するために、レイトレーシングを使用できます。GPU 機能のライセンスがある NVIDIA ライセンスサーバが必要です。

エラー:グラフィックイメージがありません

GPU を使用するには、適切なドライバをインストールする必要があります。ドライバは NVIDIA ライセンスポータルからダウンロードできます。Azure 環境では、 NVIDIA ドライバを GPU ドライバ拡張機能として使用できます。次に、次のスクリーンショットに示すグループポリシーを更新して、リモートデスクトップサービスセッションに GPU ハードウェアを使用する必要があります。H.264 グラフィックスモードの優先順位を設定し、エンコーダ機能を有効にする必要があります。

エラー:グラフィックイメージがありません

タスクマネージャを使用するか、 WebGL サンプルを実行する際に NVidia - SMI CLI を使用して、 GPU のパフォーマンス監視を検証します。GPU 、メモリ、エンコーダのリソースが消費されていることを確認します。

エラー:グラフィックイメージがありません

仮想デスクトップサービスを搭載した NetApp HCI H615C に仮想マシンが導入されていることを確認するために、 H615C ホストを含む vCenter クラスタリソースを含むサイトを定義します。VM テンプレートには必要な vGPU プロファイルが接続されている必要があります。

共有マルチセッション環境の場合は、複数の同種の vGPU プロファイルを割り当てることを検討してください。ただし、ハイエンドのプロフェッショナル向けグラフィックスアプリケーションの場合は、各 VM を特定のユーザ専用にして分離することを推奨します。

GPU プロセッサは QoS ポリシーで制御でき、各 vGPU プロファイルには専用のフレームバッファを設定できます。ただし、エンコーダとデコーダはカードごとに共有されます。GPU カードへの vGPU プロファイルの配置は、 vSphere ホストの GPU 割り当てポリシーで制御されます。このポリシーでは、パフォーマンス( VM を分散)や統合( VM をグループ化)を強化できます。