日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

運用管理

寄稿者 kevin-hoke sureshthoppay このページの PDF をダウンロード

ネットアップの VDS を使用して、管理者はタスクを他のユーザに委譲できます。導入したサーバに接続して、トラブルシューティングを行ったり、ログを表示したり、監査レポートを実行したりできます。お客様をサポートしながら、ヘルプデスクまたはレベル 3 の技術者は、ユーザセッションのシャドウイング、プロセスリストの表示、必要に応じたプロセスの強制終了を行うことができます。

VDS ログファイルの詳細については、を参照してください "[Troubleshooting Failed VDA Actions ページ"^]。

必要な最小権限の詳細については、を参照してください "VDA Components and Permissions ( VDA コンポーネントと権限)ページ"

サーバのクローンを手動で作成する場合は、を参照してください "仮想マシンのクローニングページ"

VM ディスクのサイズを自動的に増やす方法については、を参照してください "ディスク容量の自動拡張機能ページ"

クライアントを手動で設定するゲートウェイアドレスを指定するには、を参照してください "End User Requirements ページ"

Cloud Insights の機能です

NetApp Cloud Insights は、 Web ベースの監視ツールです。ネットアップやその他のサードパーティインフラコンポーネントで実行されているインフラやアプリケーションを完全に可視化できます。Cloud Insights は、リソースの監視、トラブルシューティング、最適化のためにプライベートクラウドとパブリッククラウドの両方をサポートしています。

データコレクタからの指標をエージェントなしで収集するには、 Acquisition Unit VM ( Windows または Linux )だけをプライベートクラウドにインストールする必要があります。エージェントベースのデータコレクタを使用すると、 Windows パフォーマンスモニタまたは Tegraf がサポートする入力エージェントからカスタムメトリックを取得できます。

次の図は、 Cloud Insights VDS ダッシュボードを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

NetApp Cloud Insights の詳細については、を参照してください "このビデオでは"