Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ユーザ管理

共同作成者

NetApp VDS では、 ID 認証に Azure Active Directory 、 NTLM / Kerberos 認証に Azure Active Directory ドメインサービスを使用します。ADConnect ツールを使用すると、オンプレミスの Active Directory ドメインを Azure Active Directory と同期できます。

ポータルから新しいユーザを追加することも、既存のユーザに対してクラウドワークスペースを有効にすることもできます。ワークスペースとアプリケーションサービスの権限は、個々のユーザまたはグループによって制御できます。管理ポータルでは、ポータルやワークスペースなどの権限を制御する管理ユーザを定義できます。

次の図は、 NetApp VDS のユーザ管理を示しています。

hcvdivdsイメージ10

各ワークスペースは、次の図に示すように、 Cloud Workspace OU の下にある専用の Active Directory 組織単位( OU )に存在します。

hcvdivdsイメージ11

詳細については、を参照してください "このビデオでは" NetApp VDS のユーザ権限とユーザ管理。

データセンターの API 呼び出しを使用して Active Directory グループを CRAUserGroup として定義すると、そのグループ内のすべてのユーザーが、 UI を使用して管理するために CloudWorkspace にインポートされます。クラウドワークスペースがユーザに対して有効になっている場合、 VDS はユーザのホームフォルダ、設定権限、ユーザプロパティの更新などを作成します。

VDI ユーザー使用可能を選択した場合、 VDS はそのユーザー専用のシングルセッション RDS マシンを作成します。プロビジョニングするテンプレートとデータストアを指定するよう求められます。

hcvdivdsイメージ26