日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Login VSI を使用した単一サーバの負荷テスト

寄稿者 kevin-hoke sureshthoppay このページの PDF をダウンロード

NetApp Virtual Desktop Service は、 Microsoft Remote Desktop Protocol を使用して仮想デスクトップのセッションとアプリケーションにアクセスし、 Login VSI ツールは特定のサーバモデルでホストできるユーザの最大数を決定します。Login VSI は、特定の間隔でのユーザログインをシミュレートし、ドキュメントのオープン、メールの読み書き、 Excel および PowerPoint での作業、ドキュメントの印刷、ファイルの圧縮、ランダムな切断などのユーザ操作を実行します。その後、応答時間を測定します。サーバの使用率が低い場合はユーザの応答時間が短く、ユーザセッションが追加されると応答時間が長くなります。Login VSI は、初回のユーザログインセッションに基づいてベースラインを決定し、ベースラインからのユーザ応答が 2 秒を超えると最大ユーザセッション数を報告します。

ネットアップの仮想デスクトップサービスは、 Microsoft のリモートデスクトッププロトコルを使用して仮想デスクトップのセッションとアプリケーションにアクセスします。特定のサーバモデルでホストできる最大ユーザ数を決定するために、 Login VSI ツールを使用しました。Login VSI は、特定の間隔でのユーザログインをシミュレートし、ドキュメントのオープン、メールの読み書き、 Excel や PowerPoint での作業、ドキュメントの印刷、ファイルの圧縮、ランダムな休憩などのユーザ操作を実行します。また、応答時間も測定します。サーバの使用率が低い場合はユーザの応答時間が短く、ユーザセッションが追加されると応答時間が長くなります。Login VSI は、初回のユーザログインセッションに基づいてベースラインを決定し、ベースラインからのユーザ応答が 2 秒を超えると最大ユーザセッション数を報告します。

次の表に、この検証で使用したハードウェアを示します。

モデル カウント 説明

NetApp HCI H610C

4.

ランチャー、 AD 、 DHCP など用のクラスタ内に 3 つ1 台のサーバで負荷テストを実施します。

NetApp HCI H615C

1.

2x24C Intel Xeon Gold 6282 @ 2.1GHz 。1.5TB の RAM 。

次の表に、この検証に使用するソフトウェアを示します。

プロダクト 説明

NetApp VDS 5.4

オーケストレーション

VM テンプレート Windows 2019 1809

RDSH のためのサーバ OS

Login VSI

4.1.32.1

VMware vSphere 6.7 Update 3

ハイパーバイザー

VMware vCenter 6.7 Update 3F

VMware 管理ツール

Login VSI のテスト結果は次のとおりです。

モデル VM の設定 Login VSI のベースライン Login VSI の最大値

H610C

vCPU 8 基、 48GB RAM 、 75GB ディスク、 8Q vGPU プロファイル

799

178

H615C

vCPU × 12 、 128GB の RAM 、 75GB のディスク

763.

272

NUMA サブ境界およびハイパースレッディングを考慮すると、 VM のテストと構成用に選択される 8 つの VM は、ホストで使用可能なコアによって異なります。

H610C では 10 台のランチャー VM を使用し、 RDP プロトコルを使用してユーザセッションに接続しました。次の図は、 Login VSI の接続情報を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の図は、 H610C の Login VSI の応答時間とアクティブなセッションを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の図は、 H615C の Login VSI の応答時間とアクティブなセッションを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の図に、 vSphere ホストおよび VM に対する H615C Login VSI テスト中の Cloud Insights のパフォーマンス指標を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません