日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI の概要

寄稿者 kevin-hoke sureshthoppay このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI は、ストレージノードとコンピューティングノードが混在するハイブリッドクラウドインフラです。モデルに応じて、 2 ラックユニットまたはシングルラックユニットのいずれかとして使用できます。VM の導入に必要なインストールと設定は、 NetApp Deployment Engine ( NDE )で自動化されています。コンピューティングクラスタは VMware vCenter で管理され、ストレージクラスタは NDE で導入された vCenter Plug-in で管理されます。mNode と呼ばれる管理 VM が NDE の一部として導入されます。

NetApp HCI は次の機能を処理します。

  • バージョンのアップグレード

  • イベントを vCenter にプッシュしています

  • vCenter Plug-in の管理

  • サポート用の VPN トンネル

  • NetApp Active IQ コレクタ

  • NetApp クラウドサービスをオンプレミスに拡張し、ハイブリッドクラウドインフラを実現次の図は、 HCI のコンポーネントを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

ストレージノード

ストレージノードは、半幅または全幅サイズのラックユニットとして使用できます。ストレージノードは最低 4 つ必要で、クラスタは最大 40 ノードまで拡張できます。ストレージクラスタは、複数のコンピューティングクラスタ間で共有できます。すべてのストレージノードには、書き込みパフォーマンスを向上させるためにキャッシュコントローラが搭載されています。1 つのノードで、 4K ブロックサイズで 5 万または 10 万 IOPS を実現します。

NetApp HCI ストレージノードでは、最小、最大、バーストの QoS 制限を定めた NetApp Element ソフトウェアが実行されます。ストレージクラスタにはタイプの異なるストレージノードを混在させることができますが、 1 つのストレージノードの容量は合計容量の 1/3 以下にする必要があります。

コンピューティングノード

注記 ネットアップでは、表示されているコンピューティングサーバに接続されたストレージをサポートしてい を参照してください "VMware との互換性ガイド"

コンピューティングノードには、半幅、全幅、 2 ラックサイズのラックユニットを使用できます。NetApp HCI H410C と H610C には拡張性に優れた Intel Skylake プロセッサが採用されています。H615C には、拡張性に優れた第 2 世代 Intel Cascade Lake プロセッサが搭載されています。GPU を搭載したコンピューティングモデルは 2 つあります。 H610C は NVIDIA M10 カードを 2 基、 H615C は NVIDIA T4 カードを 3 基搭載しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

NVIDIA T4 には RT コアが 40 基搭載されており、リアルタイムレイトレーシングに必要なコンピューティング能力を提供します。デザイナーやエンジニアと同じサーバモデルをアーティストが使用して、水面に反射する光を現実のように表現したリアルな画像を作成できるようになりました。この RTX 対応 GPU は、毎秒最大 5 ギガレイのリアルタイムレイトレーシングパフォーマンスを実現します。NVIDIA T4 を Quadro Virtual Data Center Workstation ( Quadro vDWS )ソフトウェアと組み合わせて使用することで、アーティストは影、反射、屈折を正確に再現した、写真のようにリアルなデザインをあらゆる場所のすべてのデバイス上に作成できます。

Tensor コアは、ディープラーニング推論ワークロードの実行を可能にします。これらのワークロードを実行している場合、 Quadro vDWS を搭載した NVIDIA T4 のパフォーマンスは、 CPU のみのサーバを搭載した VM の最大 25 倍です。1 ラックユニットに NVIDIA T4 カードを 3 基搭載した NetApp H615C は、グラフィックスとコンピューティングの負荷の高いワークロードに最適な解決策です。

次の図に、 NVIDIA GPU カードとその機能の比較を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

M10 GPU は、現在でもナレッジワーカーのユースケースに最適な TCO 解決策です。ただし、仮想ワークステーション、グラフィックスパフォーマンス、リアルタイムのインタラクティブレンダリング、推論など、さまざまなユースケースに使用できる GPU での標準化を希望する場合には、 T4 が最良の代替ソリューションです。T4 では、同じ GPU リソースを使用して異なるワークロードを実行できます。たとえば、日中は VDI を実行し、同じリソースを使用して夜間にコンピューティングワークロードを実行できます。

H610C コンピューティングノードは 2 ラックユニットで、 H615C は 1 ラックユニットのサイズで、消費電力は少なくなります。H615C は、 H.264 および H.265 ( High Efficiency Video Coding [HEVC] ) 4 : 4 : 4 のエンコードとデコードをサポートします。また、 VP9 デコーダの主流化が進む中、 YouTube が提供する WebM コンテナパッケージでもビデオに VP9 コーデックを使用しています。

コンピューティングクラスタ内のノード数は VMware によって決まります。現在は VMware vSphere 7.0 Update 1 で 96 です。Enhanced vMotion Compatibility ( EVC )が有効な場合、クラスタ内に異なるモデルのコンピューティングノードを混在させることができます。