日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NDE を使用して NetApp HCI に VMware 仮想インフラストラクチャを導入する (導入の自動化)

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

NDE 導入の前提条件

を参照してください "NetApp HCI 前提条件チェックリスト" 導入を開始する前に、 NetApp HCI の要件と推奨事項を確認してください。

  1. ネットワークおよびスイッチの要件と構成

  2. 必要な VLAN ID を準備します

  3. スイッチの設定

  4. NetApp HCI および VMware の IP アドレス要件

  5. DNS と時間管理の要件

  6. 最終準備

NDE 実行

NDE を実行する前に、すべてのコンポーネントのラックとスタック、ネットワークスイッチの設定、およびすべての前提条件の確認を完了しておく必要があります。NDE ですべてのアドレスを自動的に設定できるようにする場合は、 1 つのストレージノードの管理アドレスに接続して NDE を実行できます。

NDE は、 HCI システムをオンラインにするために次のタスクを実行します。

  1. 少なくとも 2 つのストレージノードにストレージノード( NetApp Element ソフトウェア)をインストールします。

  2. VMware ハイパーバイザーを少なくとも 2 つのコンピューティングノードにインストールします。

  3. NetApp HCI スタック全体を管理するために VMware vCenter をインストールします。

  4. ネットアップストレージ管理ノード( mNode )と NetApp Monitoring Agent をインストールして設定します。

    注記 この検証では、 NDE を使用してすべてのアドレスが自動的に設定されます。環境で DHCP を設定したり、ストレージノードとコンピューティングノードごとに IP アドレスを手動で割り当てたりすることもできます。これらの手順については、このガイドでは説明していません。

    前述したように、この検証ではコンピューティングノードにケーブルを 2 本使用する構成を使用します。

    NDE の詳細な手順については、このドキュメントでは説明していません。

    基本の NetApp HCI プラットフォームの導入を完了するための詳細な手順については、を参照してください "導入ガイド"

  5. NDE が終了したら、 vCenter にログインし、 NetApp HCI およびアプリケーションで使用する NFS ネットワーク用の分散ポートグループ「 ONTAP Select VDS 01-NFS_Network 」を作成します。