日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Seesawロードバランサのインストール:ネットアップでのAnthos

このページには、Seesaw管理対象ロードバランサのインストールおよび設定手順がリストされています。

Seesawは、VMware環境のAnthosクラスタにインストールされているデフォルトのマネージドネットワークロードバランサです。

Seesawロードバランサの取り付け

Seesawロードバランサは、VMware上のAnthosクラスタと完全に統合されており、AdminクラスタとUserクラスタセットアップの一部として自動で導入されています。'cluster.yaml’コンフィギュレーションファイルには’ロード・バランサ情報を提供するために変更する必要のあるテキストブロックがあります次に’組み込みのgkectl’ツールを使用してロード・バランサを導入するためのクラスタ配備の前に’追加のステップがあります

注記 シーソーロードバランサは、HAモードまたは非HAモードで展開できます。この検証の目的で、シーソーロードバランサはデフォルト設定である非HAモードで展開されました。本番環境では、フォールトトレランスと信頼性を確保するために、HA構成でシーソーを導入することを推奨します。

Anthosとの統合

管理クラスタ用の各構成ファイルにはセクションがあり、オンプレミスのAnthosで管理されるようにするために導入するユーザクラスタごとにロードバランサを設定します。

次のテキストは、GKE-Adminクラスタ用パーティションの設定例です。コメントを解除して変更する必要がある値は、次の太字で表示されます。

loadBalancer:
  # (Required) The VIPs to use for load balancing
  vips:
    # Used to connect to the Kubernetes API
    controlPlaneVIP: "10.61.181.230"
    # # (Optional) Used for admin cluster addons (needed for multi cluster features). Must
    # # be the same across clusters
    # # addonsVIP: ""
  # (Required) Which load balancer to use "F5BigIP" "Seesaw" or "ManualLB". Uncomment
  # the corresponding field below to provide the detailed spec
  kind: Seesaw
  # # (Required when using "ManualLB" kind) Specify pre-defined nodeports
  # manualLB:
  #   # NodePort for ingress service's http (only needed for user cluster)
  #   ingressHTTPNodePort: 0
  #   # NodePort for ingress service's https (only needed for user cluster)
  #   ingressHTTPSNodePort: 0
  #   # NodePort for control plane service
  #   controlPlaneNodePort: 30968
  #   # NodePort for addon service (only needed for admin cluster)
  #   addonsNodePort: 31405
  # # (Required when using "F5BigIP" kind) Specify the already-existing partition and
  # # credentials
  # f5BigIP:
  #   address:
  #   credentials:
  #     username:
  #     password:
  #   partition:
  #   # # (Optional) Specify a pool name if using SNAT
  #   # snatPoolName: ""
  # (Required when using "Seesaw" kind) Specify the Seesaw configs
  seesaw:
  # (Required) The absolute or relative path to the yaml file to use for IP allocation
  #  for LB VMs. Must contain one or two IPs.
  ipBlockFilePath: "admin-seesaw-block.yaml"
  #   (Required) The Virtual Router IDentifier of VRRP for the Seesaw group. Must
  #   be between 1-255 and unique in a VLAN.
    vrid: 100
  #   (Required) The IP announced by the master of Seesaw group
    masterIP: "10.61.181.236"
  #   (Required) The number CPUs per machine
    cpus: 1
  #   (Required) Memory size in MB per machine
    memoryMB: 2048
  #   (Optional) Network that the LB interface of Seesaw runs in (default: cluster
  #   network)
    vCenter:
  #   vSphere network name
      networkName: VM_Network
  #   (Optional) Run two LB VMs to achieve high availability (default: false)
    enableHA: false

Seesawロードバランサには、それぞれのクラスタ展開に必要な、個別の静的な’esaw-block.yaml 'ファイルもあります。このファイルは’cluster.yaml配備ファイルと同じディレクトリにある必要がありますまたは’上記のセクションで完全パスを指定する必要があります

admin-seesa-block.yamlファイルのサンプルは次のようになります。

blocks:
  - netmask: "255.255.255.0"
    gateway: "10.63.172.1"
    ips:
    - ip: "10.63.172.152"
      hostname: "admin-seesaw-vm"
注記 このファイルは、ロードバランサが基盤となるクラスタに提供するネットワークのゲートウェイとネットマスク、およびロードバランサを実行するために導入された仮想マシンの管理IPとホスト名を提供します。