日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

iSCSI が実行されていない場合、 SnapDrive for UNIX からエラーが報告されます

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Linux ホスト上で実行されている SnapDrive for UNIX は ' HBA assistant not found' というエラーメッセージを返します

これは、次のいずれかの状況が発生した後に発生します。

  • iSCSI の停止が発生しました。

  • テイクオーバーが発生しましたが、 iSCSI サービスはまだ開始されていません。

  • ギブバックを実行中です。 iSCSI サービスはまだ開始されていません。

SnapDrive for UNIX を実行するには、 iSCSI サービスが実行されている必要があります。サービスが停止されると、 SnapDrive for UNIX はエラーメッセージを返します。たとえば 'iSCSI サービスが実行されていないときに SnapDrive storage show コマンドを実行すると ' 次のような出力が表示されます # SnapDrive storage show -dg toaster1 0001-877 Admin error : HBA assistant not foundLUN を含むコマンドは失敗します

回避策

iSCSI サービスが実行されていることを確認します。ストレージシステムでテイクオーバーやギブバックの処理が開始されるまで待ちます。ストレージ・システムが通常の実行モードになっている場合は 'iSCSI サービスを再起動してから 'snapmirror drived restart コマンドを実行して SnapDrive for UNIX デーモンを再起動しますサービスが実行されたら、 SnapDrive storage show コマンドを再発行します。今回は、次のような出力が表示されます。

# snapdrive storage show -dg toaster1
dg: toaster1 dgtype lvm
hostvol: /dev/mapper/toaster1-lvol1 state: AVAIL
hostvol: /dev/mapper/toaster1-lvol2 state: AVAIL
fs: /dev/mapper/toaster1-lvol1 mount point: /mnt/um1 (nonpersistent)
fstype ext3
fs: /dev/mapper/toaster1-lvol2 mount point: NOT MOUNTED
device filename adapter path size proto state clone lun path backing snapshot
/dev/sde - P 64m iscsi online No gin:/vol/vol1/Lun1
/dev/sdf - P 64m iscsi online No gin:/vol/vol1/Lun2