日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive snap show コマンドまたは list コマンドの使用に必要な情報

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive snap show または list コマンドを使用すると ' ストレージ・システム ' ストレージ・システム・ボリューム ' ディスク ' またはボリューム・グループ ' ファイル・システム ' Snapshot コピーなど。

次の表に、 SnapDrive snap show | list コマンドの使用時に入力する必要がある情報を示します。

注記 コマンドとして SnapDrive snap show と SnapDrive snap list のどちらを入力した場合でも、同じ引数を使用できます。これらのコマンドは同義語です。
要件 / オプション 引数

入力したコマンドに基づいて、次のいずれかの情報を表示できます。

  • ストレージシステム

  • ストレージシステムボリューム

  • ディスクまたはボリュームグループ

  • ファイルシステム

  • ホストまたは論理ボリューム

  • Snapshot コピー

「 file-spec 」引数に入力する値は、情報を表示するストレージエンティティを識別する必要があります。このコマンドでは、エンティティが現在のホスト上にあることを前提としています。

ストレージ・システム(「ファイラー」)

filername

ストレージ・システム上のボリューム( -fileervol )

fileervol

ディスク・グループ( dg_file_spec_` )またはボリューム・グループ( g-vg_file_spec_` )

`_ ディスクまたはボリュームグループの名前

ファイルシステム (-fs_file_spec_)

filesystem_name

ホスト・ボリューム (-hostvol_file_spec_) または論理ボリューム (-lvol_file_spec_)

`_ ホストまたは論理ボリュームの名前

Snapshot コピー名( snapname_long_snap_name_` )

long_snap_name

追加の Snapshot コピー名

snap_name( ロングまたはショートバージョン )

Snapshot コピーに関する情報を表示する場合は、 Snapshot コピーの名前を指定します。最初の Snapshot コピー '`long_snap_name` には ' ストレージ・システム名 ' ボリューム名 ' および Snapshot コピー名を含む長いバージョンの名前を入力しますSnapshot コピーが同じストレージシステムおよびボリューム上にある場合は、短縮形の Snapshot コピー名を使用できます。

「 -verbose 」と表示されます

~