日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Red Hat Enterprise Linux ( RHEL )および SUSE Linux Enterprise Server ( SLES )のストレージパーティショニングスキーム

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

RHEL の SnapDrive for UNIX では、ホストストレージエンティティをプロビジョニングするためにディスクをパーティショニングします。ただし、 SnapDrive for UNIX では、 SLES 11 上のパーティショニングデバイスと非パーティショニングデバイスの両方、および SLES 10 上の非パーティショニングデバイスのみに対して、 SnapDrive 操作のプロビジョニングと管理を行うことができます。

Linux 2.2 および 2.4 カーネルバージョンでは、ファイルシステムの作成に raw ディスクを使用できませんでした。これは、これまですべての Microsoft x86 システムアーキテクチャが Windows オペレーティングシステムを使用しており、常にハードディスクをパーティション分割していたためです。最初のカーネルは Windows オペレーティングシステム上で動作するように書かれていたので、カーネルはハードディスク上のパーティションを予測するような方法で書かれていました。raw デバイス上にファイルシステムを作成するために、常にさらにパーティションが作成されました。ディスクグループの LUN や raw LUN の場合、パーティショニングは実行されません。このため、パーティション分割方式に関する変更は、 raw デバイス上のファイルシステムの場合にのみ、動作に制限されます。