日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Operations Manager コンソールでアクセスチェックを実行するためのユーザ名の形式

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX では、 Operations Manager コンソールによるアクセスチェックの実行にユーザ名の形式を使用します。これらの形式は、 Network Information System ( NIS ;ネットワーク情報システム)とローカルユーザのどちらであるかによって異なります。

SnapDrive for UNIX では、次の形式を使用して、ユーザに特定のタスクの実行が許可されているかどうかを確認します。

  • SnapDrive コマンドを実行している NIS ユーザの場合は 'UNIX 用 SnapDrive は '<nisdomain>\<username> の形式を使用します ( たとえば 'netapp.com\marc` という形式 )

  • UNIX ホスト lnx197-141 のようなローカル・ユーザの場合、 SnapDrive for UNIX は「 <hostname>\<username>` 」の形式を使用します(たとえば、「 lnx197-141\john 」)。

  • UNIX ホストの管理者( root )である場合、 SnapDrive for UNIX は常に管理者をローカルユーザとして扱い、「 lnx197-141\root 」の形式を使用します。