日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストクラスタ環境で disconnect コマンドを使用する場合のガイドラインです

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ホスト・クラスタ環境で SnapDrive storage disconnect コマンドを使用する場合のガイドラインを次に示します

  • SnapDrive storage disconnect コマンドは ' ホストクラスタ内の任意のノードから実行できます

  • ストレージ切断処理を成功させるには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

    • ストレージエンティティは、ホストクラスタ内のすべてのノードで共有する必要があります。

    • LUN はホストクラスタ内のすべてのノードにマッピングする必要があります。

  • デフォルト値は Dedicated であるため ' ストレージ・エンティティを特定のノードから切断するには '-deviceType dedicated オプションを使用するか ' コマンド内の -deviceType オプションを省略します

  • 共有ストレージエンティティまたは SnapDrive が「 d edicated 」オプションで切断された場合、または専用ストレージエンティティまたは LUN が「 hared 」オプションで切断された場合、 lun storage disconnect コマンドでエラーが発生します。

  • SnapDrive for UNIX は ' マスター・ノード上で SnapDrive storage disconnect コマンドを実行しますストレージエンティティを削除して、すべての非マスターノード上の LUN を切断し、ホストクラスタ内のマスターノードから LUN を切断します。このシーケンス中にエラーメッセージが表示されると、ストレージ切断処理が失敗します。