日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AIX 原因でのゴーストデバイスハンドル iSCSI コマンドでのリターン時間が長くなる

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ゴーストデバイスハンドル(定義された状態または障害状態のデバイスハンドル)がある iSCSI または FC を使用して AIX デバイスを照会すると、原因 SCSI コマンドで AIX のデフォルトタイムアウトが約 30 秒待機することができます。

FC の子デバイスハンドルがクリーンアップされていないか、 FC HBA がスイッチに接続されていない場合、 AIX システムを FC から iSCSI に切り替えたあとにこの問題が表示されます。

  • 回避策: *

  • ファイバチャネル HBA がスイッチに接続されていない場合は、ファイバチャネルスイッチに接続されていないすべてのファイバチャネルイニシエータにファイバチャネル IOA ラッププラグを取り付けます。

  • ファイバ・チャネル HBA がスイッチに接続されているが ' 子デバイスとして Failed または Defined device handles がある場合は 'rmdev コマンドを使用して古いゴースト・デバイス・ハンドルを削除します