日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストクラスタ環境でのストレージ作成処理に関するガイドラインを確認してください

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ホストクラスタ環境でストレージを作成する場合は、一定のガイドラインに従う必要があります。

  • SnapDrive storage create コマンドは ' ホスト・クラスタ内の任意のノードから実行できます

  • ストレージ作成処理が成功するためには、どちらも true に設定しないでください。

    • ストレージエンティティがホストクラスタ内のどのノードにも存在しないようにしてください。

    • LUN をホストクラスタ内のどのノードにもマッピングしないでください。

  • 特定のノードにストレージ・エンティティを作成するには '-ddeviceType オプションを dedicated または -deviceType shared オプションを使用します専用モードのストレージ・エンティティを作成する場合は '-deviceType オプションを省略できますこれは ' デフォルト値が「 d 」であるためです

  • ホストクラスタ全体でのファイルシステムのストレージ作成は、 Veritas File System ( VxFS )で Veritas Volume Manager を使用するディスクグループでサポートされています。この操作は raw LUN ではサポートされません -nolvm オプションもサポートされません

  • 「 -igroup 」オプションは、ストレージ作成操作ではサポートされません。

  • 次のいずれかの状況が発生すると、ストレージ作成処理が失敗します。

    • ストレージエンティティの作成プロセス中にエラーメッセージが発生した場合。SnapDrive for UNIX は、ホストクラスタ内のマスターノードからストレージ作成処理を実行します。共有ストレージエンティティを作成する前に、 SnapDrive for UNIX によって LUN が作成され、マスターノードにマッピングされたあと、それらの LUN がすべての非マスターノードにマッピングされます。SnapDrive for UNIX では、すべてのノードの igroup を内部的に作成および管理します。

    • ホストクラスタボリュームマネージャ( CVM )を開始する前にホストクラスタ内のノードがシャットダウンしてリブートした場合は、 LUN で使用される共有ディスクグループがノードで検出されている必要があります。デフォルト SnapDrive では、 FC ポート・アドレスが変更されていない場合、 LUN は表示されます。変更されていない場合は、 lun storage connect コマンドを使用して LUN をマッピングする必要があります。