日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ接続処理で、 lun create コマンドを使用してストレージシステムに作成された LUN に接続できません

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive storage connect コマンドは 'lun create コマンドを使用してストレージ・システム上に作成された場合 ' または System Manager を使用して作成された場合 'LUN への接続に失敗します

次のエラーメッセージが表示されるのは、 LUN がフォーマットされておらず、 Solaris で認識されないのに対し、 LUN が検出されてホストにマッピングされている場合です。

回避策

LUN を手動で作成しないでください。SnapDrive を作成するには '-lun' オプションを指定して lun storage create コマンドを使用しますSnapDrive storage connect コマンドの実行後に既存の LUN を使用する必要がある場合は、次の手順を実行します。

  1. LUN を手動でフォーマットします。

  2. ネイティブの volume manager コマンドとオペレーティングシステムコマンドを使用して、ファイルシステムを作成します。

    ファイルシステムの作成後、この LUN で SnapDrive for UNIX の処理を使用できます。