日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストの clustered UNIX システムでの SnapDrive for UNIX の動作

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX では、ストレージのプロビジョニングと、クラスタ全体のストレージを管理するための Snapshot 管理オプションをサポートしています。ホストクラスタ全体の共有ストレージには、 Solaris ホストの SFRAC 環境でディスクグループとファイルシステムが含まれます。ホストクラスタ内の任意のノードからすべての処理を実行できます。

SnapDrive for UNIX の操作は ' マスターノードから Solaris ホスト上で実行できますホストクラスタセットアップでは、コマンドはホストクラスタのマスターノードでローカルに実行する必要があります。そのためには、 root ユーザの「 rsh 」または「 root ユーザの「 ssh access-without -password prompt 」が、ホストクラスタ内のすべてのノードに対して設定されている必要があります。

注記 SFRAC 環境で SnapDrive for UNIX を使用している場合、デフォルトのログインシェルはすべてのユーザに対して bash になります。