日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストクラスタ環境でのストレージ削除に関するガイドライン

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ホスト・クラスタ環境で SnapDrive storage delete コマンドを使用する場合は、いくつかのガイドラインに注意する必要があります。

  • ホストクラスタ内の任意の非マスター・ノードから '-deviceType 共有オプションを指定して SnapDrive storage delete コマンドを開始すると ' コマンドがマスター・ノードに送信され ' 実行されますこれを実現するには 'rsh または ssh 'access-without -password prompt' がすべてのホスト・クラスタ・ノードで許可されていることを確認する必要があります

  • SnapDrive storage delete コマンドは ' ホスト・クラスタ内の任意のノードから実行できます

  • ストレージ削除処理を成功させるために、どちらも false に設定しないでください。

    • ストレージエンティティを共有する必要があります。

    • LUN はホストクラスタ内のすべてのノードにマッピングする必要があります。

  • デフォルト値は dedicated であるため ' 特定のノード上のストレージ・エンティティを削除するには '-deviceType dedicated オプションを使用するか ' コマンド・ライン構文内の -deviceType オプションを省略します

  • 共有ストレージ・エンティティまたは SnapDrive が -deviceType dedicated オプションで削除された場合 ' または共有オプションを使用して専用ストレージ・エンティティまたは LUN が削除された場合は 'lun storage delete コマンドを実行すると ' エラー・メッセージが表示されます

  • 次のいずれかの状況になると、ストレージ削除処理は失敗します。

    • ストレージエンティティの削除処理中にエラーが発生した場合。

      SnapDrive for UNIX を使用すると、ストレージエンティティが削除され、すべての非マスターノードから LUN が切断され、ホストクラスタ内のマスターノードから LUN が切断されて削除されます。

    • SnapDrive storage delete コマンドが実行される前に ' ホスト・クラスタ内のノードがシャットダウンされ ' 再起動する場合

      これは、 LUN がまだ存在しないノードにマッピングされているためです。これを回避するには '-force オプションを使用します