日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC 構成ワークシートに記入

FC の設定タスクを実行するには、 FC イニシエータとターゲットの WWPN 、およびストレージの構成情報が必要です。

FC ホストの WWPN

ポート WWPN

FC スイッチ 1 に接続されたイニシエータ(ホスト)ポートを指定します

FC スイッチ 2 に接続されたイニシエータ(ホスト)ポートを指定します

FC ターゲットの WWPN

クラスタのノードごとに FC のデータ LIF が 2 つ必要です。Storage Virtual Machine ( SVM )の作成時に LIF を作成すると、 ONTAP によって WWPN が割り当てられます。

この図は 4 つのノードを示しています
LIF WWPN

FC スイッチ 1 に接続されたノード 1 の LIF のポート

FC スイッチ 1 に接続されたノード 2 の LIF のポート

FC スイッチ 1 に接続されたノード 3 の LIF のポート

FC スイッチ 1 に接続されたノード 4 の LIF のポート

FC スイッチ 2 に接続されたノード 1 の LIF のポート

FC スイッチ 2 に接続されたノード 2 の LIF のポート

FC スイッチ 2 に接続されたノード 3 の LIF のポート

FC スイッチ 2 に接続されたノード 4 の LIF のポート

ストレージ構成

アグリゲートと SVM がすでに作成されている場合は、名前をここに記録します。作成されていない場合は必要に応じて作成できます。

LUN の所属先ノードを指定します

アグリゲート名

SVM 名

LUN 情報

LUN サイズ

LUN 名(オプション)

LUN 概要(オプション)

SVM 情報

既存の SVM を使用しない場合、新規に作成するために次の情報が必要です。

SVM 名

SVM IPspace

SVM ルートボリューム用のアグリゲート

SVM のユーザ名(オプション)

SVM のパスワード(オプション)

SVM の管理 LIF (オプション)

サブネット

IP アドレス

ネットワークマスク

ゲートウェイ

ホームノード

ホームポート