日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager ONTAP 9.7 以前を使用して BranchCache を設定します

寄稿者

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 CIFS 対応の Storage Virtual Machine ( SVM )で BranchCache を設定し、要求元のクライアントのローカルコンピュータにコンテンツをキャッシュすることができます。

作業を開始する前に
  • CIFS のライセンスが有効になっていて、 CIFS サーバが設定されている必要があります。

  • BranchCache バージョン 1 の場合、 SMB 2.1 以降が有効になっている必要があります。

  • BranchCache バージョン 2 の場合、 SMB 3.0 が有効になっていて、リモートの Windows クライアントで BranchCache 2 がサポートされている必要があります。

このタスクについて
  • BranchCache は SVM で設定できます。

  • CIFS サーバ上のすべての SMB 共有に格納されたすべてのコンテンツに対してキャッシュサービスを提供する場合は、すべての共有の BranchCache 設定を作成できます。

  • CIFS サーバ上の選択した SMB 共有に格納されたコンテンツに対してキャッシュサービスを提供する場合は、共有ごとの BranchCache 設定を作成できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Branch] タブで、 [SetUp] をクリックします。

  4. [* BranchCache セットアップ * ] ダイアログボックスで、次の情報を入力します。

    1. ハッシュストアのパスを指定します。

      ハッシュデータを格納する既存のディレクトリのパスを指定できます。デスティネーションパスは読み取り / 書き込み可能である必要があります。Snapshot ディレクトリなどの読み取り専用パスは指定できません。

    2. ハッシュデータストアの最大サイズ( KB 、 MB 、 GB 、 TB 、または PB )を指定します。

      ハッシュデータがこの値を超えると、古いハッシュが削除されて新しいハッシュを格納するスペースが確保されます。ハッシュストアのデフォルトサイズは 1GB です。

    3. BranchCache 設定の動作モードを指定します。

      デフォルトの動作モードは「すべての共有」に設定されています。

    4. クライアントが BranchCache サーバを偽装できないようにするためのサーバキーを指定できます。

      サーバキーを特定の値に設定すると、複数のサーバが同じファイルの BranchCache データを提供している場合に、クライアントがその同じサーバキーを使用してサーバのハッシュを使用できるようになります。サーバキーにスペースを含める場合は、サーバキーを引用符で囲む必要があります。

    5. 必要な BranchCache のバージョンを選択します。

      デフォルトでは、クライアントでサポートされるすべてのバージョンが選択されます。

  5. [ セットアップ ] をクリックします。

BranchCache 設定を変更します

System Manager の CIFS ウィンドウを使用して、 CIFS 対応の Storage Virtual Machine ( SVM )に対して設定されている BranchCache 設定を変更することができます。ハッシュストアのパス、ハッシュストアのサイズ、動作モード、およびサポートする BranchCache のバージョンを変更できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Branch] タブで、 [Edit] をクリックします。

  4. [* BranchCache 設定の変更 * ] ダイアログボックスで、必要な情報を変更します。

    • ハッシュストアパス

      ハッシュストアのパスを変更する際、前のハッシュストアのキャッシュ済みハッシュデータを保持することもできます。

    • ハッシュストアサイズ

    • 動作モード

    • BranchCache バージョン

  5. * 変更 * をクリックします。

BranchCache 設定を削除します

BranchCache 用に設定された Storage Virtual Machine ( SVM )でキャッシュサービスを提供する必要がなくなった場合、 System Manager を使用して BranchCache 設定を削除できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Branch] タブで、 [Delete] をクリックします。

  4. 確認のチェックボックスをオンにし、 * 削除 * をクリックします。

    ハッシュストアから既存のハッシュを削除することもできます。