日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノードをクラスタと同期します

寄稿者 netapp-barbe

クラスタ全体のクォーラムが存在するものの、 1 つ以上のノードがクラスタと同期していない場合は、ノードを同期し、そのノード上でレプリケートされたデータベース( RDB )をリストアしてクォーラムに加える必要があります。

ステップ
  1. 正常なノードから、 advanced 権限レベルで「 system configuration recovery cluster sync 」コマンドを使用し、クラスタ構成と同期していないノードを同期します。

    次の例では、残りのクラスタとノード( _node2 _ )を同期します。

    cluster1::*> system configuration recovery cluster sync -node node2
    
    Warning: This command will synchronize node "node2" with the cluster
             configuration, potentially overwriting critical cluster
             configuration files on the node. This feature should only be
             used to recover from a disaster. Do not perform any other
             recovery operations while this operation is in progress. This
             command will cause all the cluster applications on node
             "node2" to restart, interrupting administrative CLI and Web
             interface on that node.
    Do you want to continue? {y|n}: y
    All cluster applications on node "node2" will be restarted. Verify that the cluster applications go online.

RDB がノードにレプリケートされ、そのノードがクラスタに参加できるようになります。