日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスタム IPspace を使用してレプリケーショントラフィックを分離します

寄稿者

カスタム IPspace を使用すると、クラスタがそのピアに対して行ったやり取りを分離できます。Called_Designated intercluster connectivity_ 。この設定により、サービスプロバイダはマルチテナント環境でレプリケーショントラフィックを分離できます。

たとえば、クラスタ A とクラスタ B の間のレプリケーショントラフィックを、クラスタ A とクラスタ C の間のレプリケーショントラフィックから切り離すとしますこれを行うには、クラスタ A に IPspace を 2 つ作成します

一方の IPspace には、クラスタ B との通信に使用するクラスタ間 LIF が含まれています次の図に示すように、もう一方の IPspace には、クラスタ C との通信に使用するクラスタ間 LIF が含まれています。

デフォルト以外の IPspace

カスタム IPspace の設定については、 _ ネットワーク管理ガイド _ を参照してください。