日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FIPS ドライブまたは SED のデータの緊急時のシュレッディング

寄稿者 netapp-thomi

セキュリティに関する緊急事態が発生した場合は、ストレージシステムまたは KMIP サーバへの給電が遮断されていても、 FIPS ドライブまたは SED へのアクセスをただちに禁止できます。

必要なもの
  • KMIP サーバを使用している必要があり、 KMIP サーバで簡単に破棄できる認証アイテム(スマートカードや USB ドライブなど)が設定されている必要があります。

  • このタスクを実行するには、クラスタ管理者である必要があります。

ステップ
  1. FIPS ドライブまたは SED のデータの緊急時のシュレッディングを実行します。

    状況

    作業

    ストレージシステムに給電されており、ストレージシステムを適切な手順でオフラインにする時間があります

    1. ストレージシステムが HA ペアとして構成されている場合は、テイクオーバーを無効にします。

    2. すべてのアグリゲートをオフラインにしてから削除します。

    3. 権限レベルを advanced に設定します。 + 「 set -privilege advanced 」

    4. ドライブが FIPS 準拠モードの場合は、ノードの FIPS 認証キー ID をデフォルトの MSID に戻します。 + 「 storage encryption disk modify -disk * -fips-key-id 0x0 」

    5. ストレージシステムを停止します。

    6. メンテナンスモードでブートします。

    7. ディスクを完全消去するか破棄します。

      • ディスク上のデータにアクセスできない状態にして、ディスクを再利用できるようにするには、ディスクを完全消去します。 +`Disk encrypt sanitize -all `

      • ディスク上のデータにアクセスできない状態にして、ディスクを保存する必要がない場合は、ディスクを破棄します。 +`Disk encrypt destroy disk_id1 disk_id2 …

      注記

      「 disk encrypt sanitize 」コマンドと「 Disk encrypt destroy 」コマンドは、メンテナンスモード専用です。これらのコマンドは各 HA ノードで実行する必要があり、破損ディスクに対しては使用できません。

    8. パートナーノードに対して同じ手順を繰り返します。これで、ストレージシステムは永続的に無効な状態になり、すべてのデータが消去されます。システムを再度使用するには、再設定する必要があります。

    ストレージシステムに給電されており、データをただちにシュレッディングする必要があります

    1. ストレージシステムが HA ペアとして構成されている場合は、テイクオーバーを無効にします。

    2. 権限レベルを advanced に設定します。 + 「 set -privilege advanced 」

    3. ディスクを完全消去するか破棄します。

      • ディスクのデータにアクセスできない状態にして、ディスクを再利用できるようにする場合は、次のディスクを完全消去します。 +'storage encryption disk sanitize -disk * -force-all-states true

      • ディスクのデータにアクセスできない状態にしてディスクを保存する必要もない場合は、ディスクを破棄します。 +'storage encryption disk destroy -disk * -force-all-state true ストレージシステムがパニック状態になり、システムは永続的に無効な状態になり、すべてのデータが消去されます。システムを再度使用するには、再設定する必要があります。

    KMIP サーバに給電されているが、ストレージシステムには給電されていない

    1. KMIP サーバにログインします。

    2. アクセスを禁止するデータを含む FIPS ドライブまたは SED に関連付けられているすべてのキーを破棄します。これにより、ストレージシステムからディスク暗号化キーにアクセスできなくなります。

    KMIP サーバまたはストレージシステムに給電されていない

    KMIP サーバ用の認証アイテム(スマートカードなど)を破棄します。これにより、ストレージシステムからディスク暗号化キーにアクセスできなくなります。

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。