日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI コマンドディレクトリの移動方法

寄稿者 netapp-barbe

CLI のコマンドは、コマンドディレクトリ別の階層に整理されています。完全なコマンドパスを入力するか、ディレクトリ構造を移動することで、階層内のコマンドを実行できます。

CLI を使用するときは、プロンプトにディレクトリの名前を入力し、 Enter キーを押すと、コマンドディレクトリにアクセスできます。ディレクトリ名がプロンプトテキストに表示され、適切なコマンドディレクトリとやり取りしていることが示されます。コマンド階層のより下層に移動するには、コマンドサブディレクトリの名前を入力し、 Enter キーを押します。サブディレクトリ名がプロンプトテキストに表示され、コンテキストがそのサブディレクトリに移動します。

コマンド全体を入力すると、複数のコマンドディレクトリを移動できます。たとえば、ディスクドライブに関する情報を表示するには、プロンプトで「 storage disk show 」コマンドを入力します。また、次の例に示すように、一度に 1 つのコマンドディレクトリを移動して、コマンドを実行することもできます。

cluster1::> storage
cluster1::storage> disk
cluster1::storage disk> show

コマンドに最小文字数を入力してコマンドを現在のディレクトリに対して一意にすると、コマンドを省略できます。たとえば、前出の例のコマンドを省略するには、「 t d sh 」と入力します。また、 Tab キーを使用して省略したコマンドを展開し、デフォルトのパラメータ値を含むコマンドのパラメータを表示することもできます。

コマンド階層の最上位レベルに移動するには 'top' コマンドを使用し ' コマンド階層の 1 つ上のレベルに移動するには 'up' コマンドまたは '.' コマンドを使用します

注記

CLI でアスタリスク( * )を付けたコマンドおよびコマンドオプションは、 advanced 権限レベル以上でのみ実行できます。