日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

iSCSI の TCP 読み取り / 書き込みサイズを確認します

寄稿者

iSCSI の場合、 TCP 読み取り / 書き込みサイズを確認して、サイズ設定がパフォーマンス問題を作成中であるかどうかを判断できます。サイズが問題のソースである場合は、サイズを変更して対処できます。

このタスクを実行するには、 advanced 権限レベルのコマンドが必要です。

手順
  1. advanced 権限レベルに切り替えます。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. TCP ウィンドウサイズの設定を確認します。

    'vserver iscsi show -vserv’er_vserver_name __ instance

  3. TCP ウィンドウサイズの設定を変更します。

    「 vserver iscsi modify -vserver vserver_name _ tcpwindow-size_integer_`

  4. admin 権限に戻ります。

    「特権管理者」

次の例では、「 S VM1 」の TCP ウィンドウサイズを 131 、 400 バイトに変更します。

cluster1::*> vserver iscsi modify -vserver vs1 -tcp-window-size 131400