日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホットスペアディスクの仕組み

寄稿者

ホットスペアディスクとは、ストレージシステムに割り当てられているディスクで、 RAID グループでは使用されていないディスクを指します。データは格納されていませんが、すぐに使用できる状態になっています。

RAID グループ内でディスク障害が発生すると、 RAID グループにホットスペアディスクが自動的に割り当てられ、障害ディスクと交換されます。障害ディスクのデータは、 RAID パリティディスクからホットスペア交換ディスク上にバックグラウンドで再構築されます。再構築アクティビティは /etc/messages' ファイルに記録され ' AutoSupport メッセージが送信されます

障害ディスクと同じサイズのホットスペアディスクがない場合、次に大きなサイズのディスクが選択され、交換対象のディスクのサイズに合わせて縮小されます。