日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲートの管理用コマンド

寄稿者 netapp-thomi

「 storage aggregate 」コマンドを使用して、アグリゲートを管理します。

状況 使用するコマンド

すべての Flash Pool アグリゲートのキャッシュサイズを表示します

「 storage aggregate show -fields hybrid-cache-size -total-hybrid-cache-size -total-size-sot合計 >0 」

アグリゲートのディスクの情報とステータスを表示する

「 storage aggregate show-status 」を参照してください

ノードごとにスペアディスクを表示します

「 storage aggregate show-spare-disks 」を参照してください

クラスタ内のルートアグリゲートを表示する

「 storage aggregate show -has-mroot true 」を返します

アグリゲートの基本情報とステータスを表示します

「 storage aggregate show

アグリゲートで使用されているストレージのタイプを表示します

「 storage aggregate show -fields storage-type 」を参照してください

アグリゲートをオンラインにします

「ストレージアグリゲートはオンライン」

アグリゲートを削除します

「 storage aggregate delete 」をクリックします

アグリゲートを制限状態にします

「ストレージアグリゲートの制限」を参照してください

アグリゲートの名前を変更します

「 storage aggregate rename 」をクリックします

アグリゲートをオフラインにします

「ストレージアグリゲートはオフライン」です

アグリゲートの RAID タイプを変更します

「 storage aggregate modify -raidtype 」