日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB 自動ノードリファーラルを有効または無効にします

寄稿者 netapp-thomi

SMB 自動ノードリファーラルを有効にして、 SMB クライアントアクセスのパフォーマンスを向上させることができます。ONTAP で SMB クライアントを参照しないようにするには、自動ノードリファーラルを無効にします。

Storage Virtual Machine ( SVM )で CIFS サーバが設定されて実行されている必要があります。

SMB 自動ノードリファーラル機能は、デフォルトでは無効になっています。必要に応じて、各 SVM で有効または無効にすることができます。

このオプションは、 advanced 権限レベルで使用できます。

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。「 set -privilege advanced 」

  2. SMB 自動ノードリファーラルを必要に応じて有効または無効にします。

    SMB 自動ノードリファーラルの設定 入力するコマンド

    有効

    vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-referral-enabled true

    無効

    vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-referral-enabled false

    このオプション設定は、新しい SMB セッションで有効になります。既存の接続を使用しているクライアントは、その既存のキャッシュがタイムアウトになった場合にのみノードリファーラルを利用できます

  3. admin 権限レベルに切り替えます。「 set -privilege admin 」