日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault アーカイブ

寄稿者

SnapMirror ライセンスは、バックアップの SnapVault 関係とディザスタリカバリの SnapMirror 関係の両方をサポートするために使用されます。SnapVault ライセンスの廃止、およびバックアップ関係、ミラーとバックアップ関係の設定に SnapMirror ライセンスを使用できるようになりました。SnapMirror レプリケーションは、 Snapshot コピーを ONTAP から ONTAP にレプリケートするために使用されます。これにより、バックアップとディザスタリカバリの両方のユースケースがサポートされます。

_ SnapVault _ は、基準への準拠およびその他のガバナンス関連の目的で、ディスクツーディスクの Snapshot コピーレプリケーション用に設計されたアーカイブテクノロジです。SnapMirror 関係では、通常、ソースボリューム内の Snapshot コピーだけがデスティネーションに含まれますが、 SnapVault デスティネーションはより長期間にわたって作成されたポイントインタイムの Snapshot コピーを保持します。

たとえば、ビジネスに関する政府会計規則に準拠するために、 20 年にわたってデータの月次 Snapshot コピーを保持しなければならない場合があります。SnapVault ストレージからデータを提供する必要はないため、デスティネーションシステムでは低速かつ低コストのディスクを使用できます。

SnapMirror と同様に、 SnapVault を初めて起動すると、ベースライン転送が実行されます。ソースボリュームの Snapshot コピーが作成され、そのコピーおよびコピーが参照するデータブロックがデスティネーションボリュームに転送されます。SnapMirror とは異なり、 SnapVault ではベースラインに古い Snapshot コピーは含まれません。

更新は、設定したスケジュールに従って非同期に行われます。関係のポリシーで定義するルールによって、更新に含める新しい Snapshot コピーおよび保持するコピーの数が特定されます。ポリシーで定義されているラベル (“`s onty,”) は、ソース上の Snapshot ポリシーで定義されている 1 つ以上のラベルと一致する必要があります。そうしないと、レプリケーションが失敗します。

注記

SnapMirror と SnapVault は同じコマンドインフラを共有します。ポリシーの作成時に使用する方法を指定します。どちらの方法にもピアクラスタとピア SVM が必要です。

SnapVault の概念