日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

廃止された ONTAP コマンドから EMS イベントマッピングを更新します

現在、廃止された ONTAP コマンドセット (event destination`, event route') を使用して EMS イベントマッピングが設定されている場合は、この手順に従って、「 event filter`, event notification, および’ event notification destination ’コマンドセットを使用するようにマッピングを更新する必要があります。

手順
  1. event destination show コマンドを使用して、システム内のすべてのイベントの送信先を一覧表示します。

    cluster-1::event*> destination show
                                                                             Hide
    Name             Mail Dest.        SNMP Dest.         Syslog Dest.       Params
    ---------------- ----------------- ------------------ ------------------ ------
    allevents        -                 -                  -                  false
    asup             -                 -                  -                  false
    criticals        -                 -                  -                  false
    pager            -                 -                  -                  false
    test             test@xyz.com      -                  -                  false
    traphost         -                 -                  -                  false
    6 entries were displayed.
  2. 各送信先について、「 event route show -destinations <destination name> 」コマンドを使用して、マッピングされているイベントを一覧表示します。

    cluster-1::event*> route show -destinations test
                                                                   Freq    Time
    Message                          Severity       Destinations   Threshd Threshd
    -------------------------------- -------------- -------------- ------- -------
    raid.aggr.autoGrow.abort         NOTICE         test           0       0
    raid.aggr.autoGrow.success       NOTICE         test           0       0
    raid.aggr.lock.conflict          INFORMATIONAL  test           0       0
    raid.aggr.log.CP.count           DEBUG          test           0       0
    4 entries were displayed.
  3. これらすべてのイベントのサブセットを含む対応するイベントフィルタを作成しますたとえば 'raid.aggr.`* イベントだけを含める場合は ' フィルタの作成時に 'message-name' パラメータにワイルドカードを使用します単一のイベントに対するフィルタを作成することもできます。

    注記 最大 50 個のイベントフィルタを作成できます。
    cluster-1::event*> filter create -filter-name test_events
    
    cluster-1::event*> filter rule add -filter-name test_events -type include -message-name raid.aggr.*
    
    cluster-1::event*> filter show -filter-name test_events
    Filter Name Rule     Rule      Message Name           SNMP Trap Type  Severity
                Position Type
    ----------- -------- --------- ---------------------- --------------- --------
    test_events
                1        include   raid.aggr.*            *               *
                2        exclude   *                      *               *
    2 entries were displayed.
  4. イベントの送信先エンドポイントごとに ' イベント通知の送信先 ' を作成します( SMTP/SNMP/syslog など)

    cluster-1::event*> notification destination create -name dest1 -email test@xyz.com
    
    cluster-1::event*> notification destination show
    Name            Type        Destination
    --------------  ----------  ---------------------
    dest1           email       test@xyz.com (via "localhost" from "admin@localhost", configured in "event config")
    snmp-traphost   snmp        - (from "system snmp traphost")
    2 entries were displayed.
  5. イベントフィルタをイベント通知の送信先にマッピングして、イベント通知を作成します。

    cluster-1::event*> notification create -filter-name asup_events -destinations dest1
    
    cluster-1::event*> notification show
    ID   Filter Name                     Destinations
    ---- ------------------------------  -----------------
    1    default-trap-events             snmp-traphost
    2    asup_events                     dest1
    2 entries were displayed.
  6. イベントルートマッピングを持つ各イベントの送信先に対して ' 手順 1 ~ 5 を繰り返します

    注記 SNMP 送信先にルーティングされるイベントは 'snmp-traphost イベント通知先にマッピングする必要がありますSNMP トラップホストの送信先では、システムで設定された SNMP トラップホストを使用します。
    cluster-1::event*> system snmp traphost add 10.234.166.135
    
    cluster-1::event*> system snmp traphost show
            scspr2410142014.gdl.englab.netapp.com (scspr2410142014.gdl.englab.netapp.com) <10.234.166.135>    Community: public
    
    cluster-1::event*> notification destination show -name snmp-traphost
    
                    Destination Name: snmp-traphost
                 Type of Destination: snmp
                         Destination: 10.234.166.135 (from "system snmp traphost")
     Server CA Certificates Present?: -
       Client Certificate Issuing CA: -
    Client Certificate Serial Number: -
           Client Certificate Valid?: -