日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LDAP クライアント設定を SVM に関連付けます

寄稿者 netapp-thomi

SVM で LDAP を有効にするには、「 vserver services name-service ldap create 」コマンドを使用して、 LDAP クライアント設定を SVM に関連付ける必要があります。

必要なもの
  • LDAP ドメインがネットワーク内にすでに存在しており、 SVM が配置されているクラスタからアクセスできる必要があります。

  • LDAP クライアント設定が SVM に存在している必要があります。

手順
  1. SVM で LDAP を有効にします。

    vserver services name-service ldap create -vserver_name_-client-config _client_config_name _ です

    注記

    ONTAP 9.2 以降では、「 vserver services name-service ldap create 」コマンドによって設定の自動検証が実行され、 ONTAP がネームサーバに接続できない場合はエラーメッセージが報告されます。

    次のコマンドは、「 vs1 」という SVM で LDAP を有効にし、「 ldap1 」という LDAP クライアント設定を使用するように設定します。

    cluster1::> vserver services name-service ldap create -vserver vs1 -client-config ldap1 -client-enabled true
  2. vserver services name-service ldap check コマンドを使用して、ネームサーバのステータスを検証します。

    次のコマンドは、 SVM vs1. 上の LDAP サーバを検証します。

    cluster1::> vserver services name-service ldap check -vserver vs1
    
    | Vserver: vs1                                                |
    | Client Configuration Name: c1                               |
    | LDAP Status: up                                             |
    | LDAP Status Details: Successfully connected to LDAP server "10.11.12.13".                                              |

    ネームサービスのチェックコマンドは ONTAP 9.2 以降で使用できます。