日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ローカルユーザとローカルグループを有効または無効にします

寄稿者 netapp-thomi netapp-ahibbard

Storage Virtual Machine ( SVM )での SMB アクセスに使用するローカルユーザとローカルグループを有効または無効にすることができます。ローカルユーザとローカルグループ機能はデフォルトで有効になっています。

SMB 共有および NTFS ファイル権限の設定時にローカルユーザとローカルグループを使用でき、必要に応じて、 SMB 接続の作成時の認証のためにローカルユーザを使用できます。認証にローカルユーザを使用するには、ローカルユーザとローカルグループ認証オプションも有効にする必要があります。

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。「 set -privilege advanced 」

  2. 次のいずれかを実行します。

    ローカルユーザとローカルグループの設定 入力するコマンド

    有効

    vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-local-users-groups-enabled true

    無効

    vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-local-users-groups-enabled false

  3. admin 権限レベルに戻ります。「 set -privilege admin 」

次の例は、 SVM vs1 でローカルユーザとローカルグループ機能を有効にします。

cluster1::> set -privilege advanced
Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them
only when directed to do so by technical support personnel.
Do you wish to continue? (y or n): y

cluster1::*> vserver cifs options modify -vserver vs1 -is-local-users-and-groups-enabled true

cluster1::*> set -privilege admin