日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SSD ストレージプールを作成する

寄稿者

2~4 つの Flash Pool アグリゲートに SSD キャッシュを提供するためのソリッドステートドライブ( SSD )ストレージプールを作成できます。

このタスクについて
  • ストレージプールにディスクを作成または追加するときは、ディスクリストを指定する必要があります。

    ストレージプールでは「 diskcount 」パラメータはサポートされません。

  • ストレージプールで使用する SSD は同じサイズでなければなりません。

手順
  1. 使用可能なスペア SSD の名前を指定します。

    「 storage aggregate show-spare-disks -disk-type SSD 」を参照してください

    ストレージプールで使用される SSD は、 HA ペアのどちらのノードでも所有できます。

  2. ストレージプールを作成します。

    「 storage pool create -storage-pool_sp_name 」 -disk-list_disk1_、 disk2,…​"

  3. * オプション: * 新しく作成したストレージ・プールを検証します。

    「 storage pool show -storage-pool_sp_name_` 」

ストレージプールが提供するストレージがまだどの Flash Pool キャッシュにも割り当てられていなくても、ストレージプールに配置された SSD は、クラスタではスペアとして表示されなくなります。SSD を単独のドライブとして RAID グループに追加することはできません。ストレージをプロビジョニングできるのは、 SSD が属しているストレージプールの割り当て単位を使用する場合に限られます。