日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows NFS クライアントのアクセスを有効にします

寄稿者

ONTAP は Windows NFSv3 クライアントからのファイルアクセスをサポートしています。NFSv3 をサポートする Windows オペレーティングシステムを実行しているクライアントから、クラスタの NFSv3 エクスポートのファイルにアクセスできるようになります。この機能を正しく使用するには、 Storage Virtual Machine ( SVM )を適切に設定し、一定の要件と制限事項に注意する必要があります。

SVM で NFSv3 が有効になっている必要があります。

デフォルトでは、 Windows NFSv3 クライアントサポートが無効になっています。

Windows NFSv3 クライアントは、 Network Status Monitor ( NSM ;ネットワークステータスモニタ)プロトコルをサポートしていません。そのため、 Windows NFSv3 クライアントセッションでは、ストレージフェイルオーバーやボリューム移動処理の途中で中断が生じることがあります。

手順
  1. Windows NFSv3 クライアントのサポートを有効にします。

    vserver nfs modify -vserver vserver_name -v3-ms-dos-client-enabled `

  2. Windows NFSv3 クライアントをサポートするすべての SVM で、 -enable-ejukebox および -v3-connection-drop パラメータを無効にします。 vserver nfs modify -vserver vserver_name -enable-ejukebox false -v3-connection-drop disabled

    これで、 Windows NFSv3 クライアントがストレージシステムにエクスポートをマウントできるようになります。

  3. -o mtype=hard オプションを指定して、各 Windows NFSv3 クライアントでハードマウントが使用されるようにします。

    これは、マウントの信頼性を確保するために必要です。

    「 mount -o mtype=hard\\10.53.33.10\vol\vol1 z : \` 」のようになります