日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

URI からローカル UNIX ユーザをロードします

寄稿者

SVM で個々のローカル UNIX ユーザを手動で作成する別の方法として、 vserver services name-service unix-user load-from-uri コマンドを使用して、ローカル UNIX ユーザのリストを Uniform Resource Identifier ( URI )から SVM にロードすることができます。

手順
  1. ロードするローカル UNIX ユーザのリストが含まれているファイルを作成します。

    ファイルには 'unix`/etc/passwd 形式でユーザー情報が含まれている必要があります

    user_name : パスワード :user_ID: group_ID : full_name

    このコマンドにより 'password' フィールドの値と 'full_name` フィールド (home_directoryshell) の後のフィールドの値が破棄されます

    サポートされる最大ファイルサイズは 2.5MB です。

  2. リストに重複した情報が含まれていないことを確認します。

    リストに重複したエントリが含まれている場合、リストのロードは失敗し、エラーメッセージが表示されます。

  3. ファイルをサーバにコピーします。

    サーバには、 HTTP 、 HTTPS 、 FTP 、または FTPS 経由でストレージシステムから到達できる必要があります。

  4. ファイルの URI を確認します。

    この URI は、ファイルの場所を示すためにストレージシステムに指定するアドレスです。

  5. ローカル UNIX ユーザのリストが含まれているファイルを、 URI から SVM にロードします。

    vserver services name-service unix-user load-from-uri -vserver _vserver_name URI { ftp|http|ftps|https } : // uri _ -overwrite { true|false }

    --overwrite '{`true|`false'} は、エントリを上書きするかどうかを指定します。デフォルトは「 false 」です。

次のコマンドは、ローカル UNIX ユーザのリストを ftp://ftp.example.com/passwd+` という URI から vs1 という SVM 内にロードします。URI を使用してロードした情報によって SVM 内の既存のユーザが上書きされることはありません。

node::> vserver services name-service unix-user load-from-uri -vserver vs1
-uri ftp://ftp.example.com/passwd -overwrite false