日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノード属性を変更します

寄稿者 netapp-barbe

必要に応じて、ノードの属性を変更できます。変更できる属性は、ノードの所有者情報、場所情報、資産タグ、クラスタへの参加資格です。

ノードのクラスタへの参加資格は、 advanced 権限レベルで、 'system node modify' または 'cluster modify' コマンドの– eligibility パラメータを使用して変更できます。ノードの資格を「 false 」に設定すると、ノードはクラスタ内で非アクティブになります。

注記

ノードの参加資格をローカルで変更することはできません。別のノードから変更する必要があります。クラスタ HA 構成でノード委譲を変更することもできません。

注記

ノード設定をリストアする場合やノードのメンテナンスが長引いている場合を除き、ノードの資格を「 false 」に設定しないでください。ノードにクラスタ参加資格がないと、そのノードへの SAN および NAS のデータアクセスが影響を受ける可能性があります。

手順
  1. 「 system node modify 」コマンドを使用して、ノードの属性を変更します。

次のコマンドでは、「 node1 」ノードの属性を変更します。ノードの所有者は「ジョー・スミス」に設定され、その資産タグは「 js1234 」に設定されています。

cluster1::> system node modify -node node1 -owner "Joe Smith" -assettag js1234