日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アクセスキャッシュパラメータの仕組み

寄稿者 netapp-thomi

アクセスキャッシュ内のエントリの更新期間を制御するパラメータがいくつかあります。これらのパラメータの仕組みを理解すると、各パラメータを変更してアクセスキャッシュを調整し、パフォーマンスと格納される情報の鮮度のバランスを取ることができます。

アクセスキャッシュには、ボリュームまたは qtree へのアクセスを試みるクライアントに適用される 1 つ以上のエクスポートルールで構成されるエントリが格納されます。これらのエントリは、一定期間格納されたあと、更新されます。更新時間はアクセスキャッシュパラメータによって決定され、アクセスキャッシュエントリのタイプによって異なります。

アクセスキャッシュパラメータは、個々の SVM に対して指定できます。これにより、 SVM のアクセス要件に応じてパラメータを変更できます。アクティブに使用されていないアクセスキャッシュエントリは更新されないため、外部ネームサーバとの無駄な通信が削減されます。

アクセスキャッシュエントリタイプ

説明

更新期間(秒)

正のエントリ

クライアントへのアクセス拒否を発生させなかったアクセスキャッシュエントリです。

最小値: 300

最大値: 86 、 400

デフォルト値は 3,600 です。

負のエントリ

クライアントへのアクセス拒否を発生させたアクセスキャッシュエントリです。

最小値: 60

最大値: 86 、 400

デフォルト値は 3,600 です。

NFS クライアントがクラスタ上のボリュームへのアクセスを試みます。ONTAP は、エクスポートポリシールールに対するクライアントのマッチングを行い、クライアントがエクスポートポリシールール設定に基づいてアクセスを行っていると判断します。ONTAP はエクスポートポリシールールを正のエントリとしてアクセスキャッシュに格納します。デフォルトでは、 ONTAP は、この正のエントリを 1 時間( 3 、 600 秒)アクセスキャッシュ内に保持したあと、情報を最新の状態にするためにこのエントリを自動的に更新します。

アクセスキャッシュが不必要にいっぱいになるのを防ぐために、クライアントアクセスの特定の期間使用されていない既存のアクセスキャッシュエントリをクリアするための追加のパラメータがあります。この '-harvest-timeout' パラメータには '60 ~ 2,592,000 秒の範囲を指定でき ' デフォルト設定は 86,400 秒です