日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RAID グループのサイジングに関する考慮事項

寄稿者

最適な RAID グループサイズを設定するには、さまざまな要素について優先度を考慮する必要があります。設定するアグリゲートにとって最も重要な要素を、 RAID のリカバリ速度、ドライブ障害によるデータ損失のリスクに対する保証、 I/O パフォーマンスの最適化、データストレージスペースの最大化の中から決定する必要があります。

より大容量の RAID グループを作成すると ' パリティに使用されるストレージ容量(パリティの負荷)と同じ容量のデータ・ストレージに使用できる容量が最大化されます一方、大規模な RAID グループで 1 つのディスクに障害が発生した場合、再構築の時間は増加し、パフォーマンスへの影響が長時間に及びます。さらに、 RAID グループ内のディスク数が増えると、その RAID グループ内で複数のディスクに障害が発生する可能性が高くなります。

HDD またはアレイ LUN RAID グループ

HDD またはアレイ LUN を構成する RAID グループのサイジングを行う際は、次のガイドラインに従う必要があります。

  • アグリゲート内のすべての RAID グループを同数のディスクで構成する必要があります。

    同じアグリゲート内の RAID グループ間でのディスク数の差異は最大 50% まで認められますが、パフォーマンスのボトルネックになることがあるためお勧めできません。

  • RAID グループのディスク数の推奨範囲は 12~20 です。

    信頼性の高いパフォーマンスディスクを使用する場合は、 RAID グループのディスク数を必要に応じて最大 28 まで増やすことができます。

  • 上記の 2 つのガイドラインを満たすディスク数の中から、より大きいディスク数を選択してください。

Flash Pool アグリゲートの SSD RAID グループ

SSD RAID グループサイズは、 Flash Pool アグリゲートの HDD RAID グループの RAID グループサイズと同じである必要はありません。通常は、パリティに必要な SSD の数を最小限にするために、 Flash Pool アグリゲートの SSD RAID グループは 1 つだけにします。

SSD アグリゲートの SSD RAID グループ

SSD を構成する RAID グループのサイジングを行う際は、次のガイドラインに従う必要があります。

  • アグリゲート内のすべての RAID グループを同数のドライブで構成する必要があります。

    RAID グループは完全に同じサイズにする必要はありませんが、可能な場合は、同じアグリゲート内の他の RAID グループの半分未満の RAID グループが存在しないようにしてください。

  • RAID-DP の場合、 RAID グループサイズの推奨範囲は 20~28 です。