日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ブロードキャストドメインに使用できるポートを確認しています

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

新しい IPspace に追加するブロードキャストドメインを設定する前に、ブロードキャストドメインに使用できるポートを確認する必要があります。

注記 このタスクは、 ONTAP 9.8 ではなく、 ONTAP 9.1-9.7 に関連しています。

このタスクを実行するには、クラスタ管理者である必要があります。

このタスクについて
  • 使用できるポートは、物理ポート、 VLAN 、インターフェイスグループ( ifgroup )です。

  • 新しいブロードキャストドメインに追加するポートを既存のブロードキャストドメインに割り当てることはできません。

  • ブロードキャストドメインに追加するポートがすでに別のブロードキャストドメイン(たとえば、デフォルト IPspace 内のデフォルトブロードキャストドメイン)に割り当てられている場合は、そのブロードキャストドメインからポートを削除してから新しいブロードキャストドメインに割り当てる必要があります。

  • LIF が割り当てられているポートをブロードキャストドメインから削除することはできません。

  • クラスタ管理 LIF とノード管理 LIF はデフォルト IPspace 内のデフォルトブロードキャストドメインに割り当てられるため、これらの LIF に割り当てられているポートはデフォルトブロードキャストドメインから削除できません。

手順
  1. 現在のポートの割り当てを確認します。

    「 network port show 」のように表示されます

    Node   Port IPspace  Broadcast Domain Link   MTU  Admin/Oper
    ------ ---- -------  ---------------- ----- ----  ------------
    node1
           e0a  Cluster  Cluster          up    9000  auto/1000
           e0b  Cluster  Cluster          up    9000  auto/1000
           e0c  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0d  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0e  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0f  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0g  Default  Default          up    1500  auto/1000
    node2
           e0a  Cluster  Cluster          up    9000  auto/1000
           e0b  Cluster  Cluster          up    9000  auto/1000
           e0c  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0d  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0e  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0f  Default  Default          up    1500  auto/1000
           e0g  Default  Default          up    1500  auto/1000

    この例では、コマンドの出力から次の情報が得られます。

    • 各ノードのポート 'e0c’e0d’e0d’e0d’e0f 'e0f’e0g はデフォルトブロードキャストドメインに割り当てられます

    • これらのポートは、作成する IPspace のブロードキャストドメインで使用できる可能性があります。

  2. デフォルトブロードキャストドメイン内の、 LIF インターフェイスに割り当てられている、したがって新しいブロードキャストドメインに移動できないポートを確認します。

    「 network interface show 」を参照してください

             Logical      Status     Network         Current   Current Is
    Vserver  Interface    Admin/Oper Address/Mask    Node      Port    Home
    -------  ----------   ---------- ------------   --------- -------  ----
    Cluster
             node1_clus1  up/up       10.0.2.40/24   node1     e0a     true
             node1_clus2  up/up       10.0.2.41/24   node1     e0b     true
             node2_clus1  up/up       10.0.2.42/24   node2     e0a     true
             node2_clus2  up/up       10.0.2.43/24   node2     e0b     true
    
    cluster1
             cluster_mgmt up/up       10.0.1.41/24   node1     e0c     true
             node1_mgmt   up/up       10.0.1.42/24   node1     e0c     true
             node2_mgmt   up/up       10.0.1.43/24   node2     e0c     true

    次の例では、コマンドの出力から次の情報が得られます。

    • ノード・ポートは各ノード上のポート e0c に割り当てられ ' クラスタ管理 LIF のホーム・ノードは node1 上の e0c にあります

    • 各ノードのポート e0d 、 e0e 、 e0f 、および e0g は LIF をホストしていないので、デフォルトブロードキャストドメインから削除して、新しい IPspace の新しいブロードキャストドメインに追加できます。