日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドへのバックアップ

寄稿者 netapp-lenida netapp-aherbin netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.9.9..1 以降では、 System Manager を使用して、クラウドにデータをバックアップし、クラウドストレージから別のボリュームにデータをリストアできます。ONTAP または StorageGRID S3 をクラウドオブジェクトストアとして使用できます。

SnapMirror クラウド機能を使用する前に、ネットアップサポートサイトで SnapMirror Cloud API ライセンスキーを生成する必要があります。 "SnapMirror Cloud API ライセンスキーを生成"

クラウドオブジェクトストアを追加します

SnapMirror クラウドバックアップを設定する前に、 StorageGRID または ONTAP S3 クラウドオブジェクトストアを追加する必要があります。

手順
  1. [ 保護 ] 、 [ 概要 ] 、 [ クラウドオブジェクトストア *] の順にクリックします。

  2. をクリックします 追加アイコン

デフォルトのポリシーを使用してバックアップします

デフォルトのクラウド保護ポリシーである DailyBackup を使用して、既存のボリュームの SnapMirror Cloud バックアップを簡単に設定できます。

手順
  1. [ 保護 ] 、 [ 概要 ] の順にクリックし、 [ クラウドへのボリュームのバックアップ * ] を選択します。

  2. 初めてクラウドにバックアップする場合は、ライセンスのフィールドに次のように SnapMirror Cloud API ライセンスキーを入力します。

  3. [* Authenticate and Continue] をクリックします。 *

  4. ソースボリュームを選択

  5. クラウドオブジェクトストアを選択します。

  6. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

カスタムクラウドバックアップポリシーを作成する

SnapMirror クラウドバックアップにデフォルトの DailyBackup クラウドポリシーを使用しない場合は、独自のポリシーを作成できます。

手順
  1. [ 保護 ] 、 [ 概要 ] 、 [ ローカルポリシーの設定 ] の順にクリックし、 [ 保護ポリシー *] を選択します。

  2. [ * 追加 ] をクリックし、新しいポリシーの詳細を入力します。

  3. [ * ポリシータイプ * ] セクションで、 [ クラウドにバックアップ ] を選択してクラウドポリシーを作成していることを示します。

  4. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

Volumes (ボリューム)ページからバックアップを作成します

System Manager * Volumes * ページでは、複数のボリュームのクラウドバックアップを一度に選択して作成する場合や、カスタムの保護ポリシーを使用する場合に使用できます。

手順
  1. [ ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順にクリックします。

  2. クラウドにバックアップするボリュームを選択し、 * Protect * をクリックします。

  3. [* Protect Volume] (ボリュームの保護)ウィンドウで、 [* More Options* (その他のオプション) ] をクリックします。

  4. ポリシーを選択します。

    デフォルトポリシー、 DailyBackup 、または作成したカスタムクラウドポリシーを選択できます。

  5. クラウドオブジェクトストアを選択します。

  6. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

クラウドからリストアします

System Manager を使用して、クラウドストレージからソースクラスタ上の別のボリュームにバックアップしたデータをリストアできます。

手順
  1. [ ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順にクリックします。

  2. [ クラウドにバックアップ * ] タブを選択します。

  3. をクリックします Alt = メニューオプション をクリックし、リストアするソースボリュームの横にある * Restore * を選択します。

  4. 「 * Source * 」で Storage VM を選択し、データのリストア先となるボリュームの名前を入力します。

  5. 「 * Destination * 」で、リストアする Snapshot コピーを選択します。

  6. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

SnapMirror クラウド関係を削除します

System Manager を使用してクラウド関係を削除できます。

手順
  1. [* ストレージ ] 、 [ ボリューム ] の順にクリックし、削除するボリュームを選択します。

  2. をクリックします Alt = メニューオプション をクリックし、 * Delete * を選択します。

  3. クラウドオブジェクトストアエンドポイントを削除する場合は、 * クラウドオブジェクトストアエンドポイントを削除(オプション) * を選択します。

  4. [ 削除( Delete ) ] をクリックします。

クラウドオブジェクトストアを削除する

Cloud Backup 関係に含まれていないクラウドオブジェクトストアは、 System Manager を使用して削除できます。クラウドオブジェクトストアがクラウドバックアップ関係の一部である場合、そのクラウドオブジェクトストアは削除できません。

手順
  1. [ 保護 ] 、 [ 概要 ] 、 [ クラウドオブジェクトストア *] の順にクリックします。

  2. 削除するオブジェクトストアを選択し、をクリックします Alt = メニューオプション をクリックし、 * Delete * を選択します。