日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Backup を使用してデータをバックアップ

寄稿者 netapp-thomi netapp-ahibbard netapp-aherbin

ONTAP 9.9.ロール 以降では、 System Manager を使用してクラウドにデータをバックアップできます。

注記 Cloud Backup は、 FlexVol の読み書き可能ボリュームとデータ保護( DP )ボリュームをサポートしています。FlexGroup ボリュームと SnapLock ボリュームはサポートされません。

Cloud Manager でアカウントを確立するには、次の手順を実行する必要があります。サービスアカウントには、「 Account Admin 」というロールを作成する必要があります。(他のサービスアカウントロールには、 System Manager からの接続の確立に必要な権限がありません)。

  1. "Cloud Manager でアカウントを作成します"

  2. "Cloud Manager でコネクタを作成します" 次のいずれかのクラウドプロバイダを使用:

    • Microsoft Azure

    • Amazon Web Services ( AWS )

    • Google Cloud Platform ( GCP )

    • StorageGRID ( ONTAP 9.10.1 )

      注記 ONTAP 9.10.1 以降では、クラウドバックアッププロバイダとして StorageGRID を選択できますが、オンプレミスに Cloud Manager が導入されている場合にのみ選択できます。Cloud Manager Connector はオンプレミスにインストールし、 Cloud Manager ソフトウェアサービス( SaaS )アプリケーションから利用できる必要があります。
  3. "Cloud Manager で Cloud Backup Service に登録" (適切なライセンスが必要です)。

  4. "Cloud Manager を使用してアクセスキーとシークレットキーを生成します"

クラスタを Cloud Manager に登録

クラスタは、 Cloud Manager または System Manager を使用して Cloud Manager に登録できます。

手順
  1. System Manager で、「保護の概要」に移動します。

  2. * Cloud Backup Service * で、以下の詳細を指定します。

    • クライアント ID

    • クライアントシークレットキー

  3. [Register and Continue] を選択します。

Cloud Backup を有効にします

クラスタを Cloud Manager に登録したら、 Cloud Backup を有効にして、クラウドへの最初のバックアップを開始する必要があります。

手順
  1. System Manager で、 * Protection > Overview * をクリックし、 * Cloud Backup Service * セクションまでスクロールします。

  2. クライアント ID * と * クライアントシークレット * を入力します。

    注記 ONTAP 9.10.1 以降では、クラウドの使用コストについて、「 * クラウドの使用コストの詳細 * 」をクリックして確認できます。
  3. [ 接続して Cloud Backup Service を有効にする *] をクリックします。

  4. [* Cloud Backup Service を有効にする *] ページで、選択したプロバイダーに応じて次の詳細を入力します。

    クラウドプロバイダ

    入力するデータ

    Azure

    • Azure サブスクリプション ID

    • 地域

    • リソースグループ名(既存または新規)

    AWS

    • AWS アカウント ID

    • アクセスキー

    • シークレットキー

    • 地域

    Google Cloud プロジェクト( GCP )

    • Google Cloud プロジェクト名

    • Google Cloud Access キー

    • Google Cloud Secret キー

    • 地域

    StorageGRID ( ONTAP 9.10.1 以降、オンプレミス環境の Cloud Manager のみ)

    • サーバ

    • SG Access Key

    • SG シークレットキー

  5. 保護ポリシー * を選択:

    • * 既存のポリシー * :既存のポリシーを選択します。

    • * 新しいポリシー * :名前を指定し、転送スケジュールを設定します。

      注記 ONTAP 9.10.1 以降では、 Azure と AWS のどちらでアーカイブを有効にするかを指定できます。
      重要 Azure または AWS を使用してボリュームのアーカイブを有効にした場合、アーカイブを無効にすることはできません。

      Azure または AWS のアーカイブを有効にする場合は、次の情報を指定します。

      • ボリュームがアーカイブされるまでの日数。

      • アーカイブに保持するバックアップの数。最新のバックアップまでアーカイブするには、「 0 」(ゼロ)を指定します。

      • AWS の場合は、アーカイブストレージクラスを選択します。

  6. バックアップするボリュームを選択します。

  7. [ 保存( Save ) ] を選択します。

クラウドバックアップに使用する保護ポリシーを編集します

Cloud Backup で使用する保護ポリシーを変更できます。

手順
  1. System Manager で、 * Protection > Overview * をクリックし、 * Cloud Backup Service * セクションまでスクロールします。

  2. をクリックします kebab アイコンをクリックし、 * Edit * をクリックします。

  3. 保護ポリシー * を選択:

    • * 既存のポリシー * :既存のポリシーを選択します。

    • * 新しいポリシー * :名前を指定し、転送スケジュールを設定します。

      注記 ONTAP 9.10.1 以降では、 Azure と AWS のどちらでアーカイブを有効にするかを指定できます。
      重要 Azure または AWS を使用してボリュームのアーカイブを有効にした場合、アーカイブを無効にすることはできません。

      Azure または AWS のアーカイブを有効にする場合は、次の情報を指定します。

      • ボリュームがアーカイブされるまでの日数。

      • アーカイブに保持するバックアップの数。最新のバックアップまでアーカイブするには、「 0 」(ゼロ)を指定します。

      • AWS の場合は、アーカイブストレージクラスを選択します。

  4. [ 保存( Save ) ] を選択します。

クラウド上の新しいボリュームまたは LUN を保護します

新しいボリュームまたは LUN を作成するときは、ボリュームまたは LUN のクラウドにバックアップできる SnapMirror 保護関係を確立できます。

作業を開始する前に
  • SnapMirror ライセンスが必要です。

  • クラスタ間 LIF を設定する必要があります。

  • NTP を設定する必要があります。

  • クラスタで ONTAP 9.9..1 が実行されている必要があります。

次のクラスタ構成では、クラウド上の新しいボリュームや LUN を保護することはできません。

  • クラスタを MetroCluster 環境に含めることはできません。

  • SVM-DR はサポートされていません。

  • Cloud Backup を使用して FlexGroup をバックアップすることはできません。

手順
  1. ボリュームまたは LUN をプロビジョニングするときは、 System Manager の * Protection * ページで、 * SnapMirror を有効にする(ローカルまたはリモート) * チェックボックスを選択します。

  2. クラウドバックアップポリシータイプを選択します。

  3. クラウドバックアップが有効になっていない場合は、 * Cloud Backup Service を有効にする * を選択します。

クラウド上の既存のボリュームまたは LUN を保護

既存のボリュームと LUN に対して SnapMirror 保護関係を確立できます。

手順
  1. 既存のボリュームまたは LUN を選択し、 * Protect * (保護)をクリックします。

  2. [* Protect Volumes] ページで、保護ポリシーに [* Backup using Cloud Backup Service * ] を指定します。

  3. [Protect]( 保護 ) をクリックします

  4. [* 保護 ] ページで、 [ SnapMirror を有効にする ( ローカルまたはリモート )*] チェックボックスをオンにします。

  5. 「 Cloud Backup Service を有効にする」を選択します。

バックアップファイルからデータをリストアする

データのリストア、関係の更新、関係の削除などのバックアップ管理処理は、 Cloud Manager のインターフェイスを使用している場合にのみ実行できます。を参照してください "バックアップファイルからのデータのリストア" を参照してください。