日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスタムレプリケーションポリシーを作成する

寄稿者 netapp-thomi

レプリケーション関係の作成時には、デフォルトまたはカスタムのポリシーを使用できます。カスタムのユニファイドレプリケーションポリシーの場合は、初期化と更新の際に転送する Snapshot コピーを決定する 1 つ以上の rules を定義する必要があります。

関係のデフォルトポリシーが適切でない場合は、カスタムレプリケーションポリシーを作成できます。たとえば、ネットワーク転送時にデータを圧縮したり、 Snapshot コピーを転送するための SnapMirror の試行回数を変更したりできます。

レプリケーションポリシーの _policy type_of によって、サポートされる関係のタイプが決まります。次の表は、使用可能なポリシータイプを示しています。

ポリシータイプ

関係タイプ

非同期ミラー

SnapMirror DR

ミラー - バックアップ

ユニファイドレプリケーション

ステップ
  1. カスタムレプリケーションポリシーを作成します。

    「 napmirror policy create -vserver SVM-policy policy -type async-mirror | mirror-vault-comment_tries_transfer_tries_transfer-priority low | normal-is-network-compression-enabled true | false 」に設定します

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    ONTAP 9.5 以降では、「 -common-snapshot-schedule 」パラメータを使用して、 SnapMirror Synchronous 関係の共通の Snapshot コピースケジュールを作成するスケジュールを指定できます。デフォルトでは、 SnapMirror Synchronous 関係の共通の Snapshot コピースケジュールは 1 時間です。SnapMirror Synchronous 関係の Snapshot コピースケジュールの値は、 30 分から 2 時間までの範囲で指定できます。

    次の例は、データ転送のためにネットワーク圧縮を有効にする、 SnapMirror DR 用のカスタムレプリケーションポリシーを作成します。

    cluster_dst::> snapmirror policy create -vserver svm1 -policy DR_compressed -type async-mirror -comment “DR with network compression enabled” -is-network-compression-enabled true

    次の例は、ユニファイドレプリケーション用のカスタムレプリケーションポリシーを作成します。

    cluster_dst::> snapmirror policy create -vserver svm1 -policy my_unified -type mirror-vault

me-vault 」ポリシータイプの場合は、初期化および更新時に転送する Snapshot コピーを決定するルールを定義する必要があります。

「 snapmirror policy show 」コマンドを使用して、 SnapMirror ポリシーが作成されたことを確認します。コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。