日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用してデータディスクを追加する場合は、 RAID グループを変更してください

アグリゲートにデータディスク( HDD )を追加するときに、 ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前でサポート)を使用して、ディスクを追加する RAID グループを変更できます。

このタスクについて
  • RAID タイプが RAID-DP であり、 FSAS または MSATA タイプのディスクをサイズが 10TB 以上の場合、それらを追加できるのは「特別な RAID グループ」のみで、「新規 RAID グループ」または「すべての RAID グループ」には追加できません。

    これらのディスクは、既存のアグリゲートのサイズにダウンサイズされて追加されます。

  • RAID グループが RAID-TEC の場合 'FSAS または MSATA タイプのディスクを 10 TB 以上のサイズで追加する場合は ' すべての RAID グループ ' 新しい RAID グループ ' および特別な RAID グループに追加できます

    これらのディスクは、既存のアグリゲートのサイズにダウンサイズされて追加されます。

手順
  1. 次のいずれかの方法を選択します。

    • [* アプリケーションと階層 > ストレージ階層 *] をクリックします。

    • Storage * > * Aggregates & Disks * > * Aggregates * の順にクリックします

  2. 「 * ストレージ階層 * 」ウィンドウで、データディスクを追加するアグリゲートを選択し、メニューをクリックします。その他の操作 [ 容量の追加 ] 。

  3. [ 容量の追加 *] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

    1. [ 変更( Change ) ] をクリックします。

    2. RAID 構成の変更 * ダイアログボックスで、データディスクを追加する RAID グループを指定します。

      デフォルト値「 All RAID groups 」を「 S pecSpecific RAID group 」または「 New RAID group 」に変更できます。

    3. [ 保存( Save ) ] をクリックします。