日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 SVM に NVMe プロトコルを設定します

Storage Virtual Machine(SVM)でNVMeプロトコルを設定するには、System Managerクラシック(ONTAP 9.7以前で使用可能)を使用します。その後、ネームスペースを作成して NVMe サブシステムとホストに割り当てることができます。

NVMe を使用する SVM では、他のプロトコルは使用できません。NVMe を選択すると、残りのプロトコルは無効になります。NVMe は SVM の作成時にも設定できます。

手順
  1. SVM の作成時に NVMe プロトコルを設定していない場合は、 * Storage * > * SVMs * をクリックします

  2. SVM を選択し、 * SVM settings * をクリックします。

  3. [* Protocols] ペインで [* NVMe* ] をクリックします。

  4. 必要に応じて、リンクをクリックしてプロトコルを設定します。

    注記

    他のプロトコルが有効になっている場合は、それらを選択解除して NVMe を選択できるようにする必要があります。NVMe を他のプロトコルと組み合わせることはできません。

  5. Storage Virtual Machine の編集 * ペインで、 * リソース割り当て * をクリックします。

  6. リソース割り当て * タブでは、ボリューム作成を委譲しないように選択することも、ボリュームを自動的にプロビジョニングするためのアグリゲートを選択することもできます。

  7. [*Services] タブをクリックして、ネームサービススイッチの詳細を設定します。

  8. [ 保存して閉じる ] をクリックします

    SVM に NVMe プロトコルが設定されます。プロトコルの設定が完了したら、 * SVM 設定 * を使用してサービスを開始または停止できます

    • 関連情報 *