日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM を作成します。

寄稿者 NetAppZacharyWambold netapp-ivanad

Storage Virtual Machine ( SVM )ウィンドウを使用すると、設定が完了した SVM を作成できます。作成した SVM にストレージオブジェクトを作成すると、 SVM からデータが提供されるようになります。

作業を開始する前に
  • アグリゲートを作成してオンラインにしておく必要があります。

  • アグリゲートに SVM のルートボリューム用の十分なスペースがあることを確認しておく必要があります。

手順
  1. SVM の名前を入力します。

  2. SVM のデータプロトコルを選択します。

    状況 作業

    Active Directory を使用して CIFS サーバを設定し、 CIFS プロトコルを有効にします

    1. [* Active Directory* ( Active Directory * ) ] ボックスを選択します。

    2. Active Directory の管理者名を入力します。

    3. Active Directory の管理者パスワードを入力します。

    4. CIFS サーバの名前を入力します。

    5. Active Directory ドメインの名前を入力します。

    6. 要件に応じて、この SVM にある * 1 つのデータ LIF を選択するか、この SVM * にあるノードに 1 つのデータ LIF を選択します。

    7. データ LIF の IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。

    8. DNS の詳細を指定します。

    ワークグループを使用して CIFS サーバを設定し、 CIFS プロトコルを有効にします

    1. [ ワークグループ *] ボックスを選択します。

    2. ワークグループの名前を入力します。

    3. CIFS サーバの名前を入力します。

    4. 要件に応じて、この SVM に * 1 つのデータ LIF * を選択するか、この SVM にあるノードに 1 つのデータ LIF * チェックボックスを選択します。

    5. データ LIF の IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。

    NFS プロトコルを有効にします

    1. [* NFS* ] ボックスを選択します。

    2. 要件に応じて、この SVM に * 1 つのデータ LIF * を選択するか、この SVM にあるノードに 1 つのデータ LIF * チェックボックスを選択します。

    3. データ LIF の IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。

    iSCSI プロトコルを有効にします

    1. [* iSCSI * ] ボックスを選択します。

    2. データ LIF の IP アドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、ポートなどの詳細を指定します。

    FC / FCoE プロトコルを有効にする

    1. FC / FCoE * ボックスを選択します。

    2. FC または FCoE プロトコル用の FC / FCoE ポートを選択します。

      注記

      各ノードで少なくとも 1 つのポート( FC プロトコル用と FCoE プロトコル用)が正しく設定されている必要があります。

    NVMe プロトコルを有効にします

    1. [* NVMe* ] ボックスを選択します。

    2. NVMe プロトコル用の NVMe ポートを選択します。

      注記

      NVMe を設定するには、いずれかのノードに NVMe 対応アダプタが少なくとも 1 つ必要です。また、 ONTAP 9.5 以降では、 SVM に関連付けられた HA ペアの各ノードに対して、少なくとも 1 つの NVMe LIF が設定されている必要があります。ペアの各ノードに対して作成できる NVMe LIF の数は 2 つまでです。

      [+]

  3. [ 詳細オプション * ] アイコンをクリックし、詳細を表示して、デフォルト言語、セキュリティ形式、 CIFS サーバの詳細、 NFS の詳細などの詳細オプションを設定します。

  4. Submit and Continue * をクリックして SVM を作成します。

次に何をするか

Submit and Continue (送信して続行)をクリックした場合、 Summary (サマリ)ウィンドウで指定した詳細を確認し、 * Manage Your Cluster (クラスタの管理) * をクリックして System Manager を起動するか、 * Provision an Application (アプリケーションのプロビジョニング) * をクリックしてストレージアプリケーションをプロビジョニングするか、 * Export Configuration * をクリックして構成ファイルをダウンロードする必要があります。